人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー

東京都 新たに14人感染確認・夜の繁華街 従業員の検査呼びかけなどで連携 西村氏と小池知事

「夜の街」と現知事は強調するけど、補償とセットでの休業要請をするのか?
あるいは、保健所長の権限で感染者がでた店を営業停止処分にするのか?
あるいは営業は継続させるが、従事者に「よびかけ」だけでなく、営業の前提として、
検査を定期的にするのか?







東京都 新たに14人感染確認 うち“夜の街”関連は6人

東京都の小池知事は記者団に対し、7日、都内で新型コロナウイルスに感染していることが確認されたのは14人だったと明らかにしました。

そのうえで小池知事は、「14人のうち、夜の街関連が6人を占めている。これまでに感染が確認された人の濃厚接触者が5人で、このうち夜の街関連が3人。感染経路調査中が9人で、このうち夜の街関連が3人だ」と説明しました。

都内で1日の感染の確認が20人を下回るのは4日ぶりです。

これで都内で感染が確認された人は、合わせて5383人になりました。

夜の繁華街 従業員の検査呼びかけなどで連携 西村氏と小池知事

東京都内で夜の繁華街を中心に新型コロナウイルスの新たな感染者の確認が相次いでいることを受けて、西村経済再生担当大臣と東京都の小池知事が会談し、接待を伴う飲食店の従業員に対するPCR検査の受診呼びかけや感染対策に協力的な店舗への支援などに連携して取り組むことを確認しました。

西村経済再生担当大臣と東京都の小池知事は、7日午後、東京・永田町にある合同庁舎で専門家も交えて会談し、新宿エリアの夜の繁華街を中心に新たな感染者の確認が相次いでいることをめぐって意見を交わしました。

そして、今後の対策として、国や都、保健所などで情報共有を進めるほか、接待を伴う飲食店の従業員に対するPCR検査の受診呼びかけや、プライバシーに配慮した相談窓口の設置、それに感染対策を実践している店舗に認定ステッカーを配布するなど、対策に協力的な店舗への支援、下水に含まれるウイルスの調査などに連携して取り組むことを確認しました。

また、鉄道などで通勤時間帯の利用者が徐々に増えていることを踏まえ、テレワークや時差出勤、オンライン会議などの定着に向けて、引き続き経済団体などと協力していくことも確認しました。

このあと西村大臣は記者会見で、接待を伴う飲食店での感染防止を図るため、テーブルやカウンターへのアクリル板の設置や、従業員のマスクの着用推進などの具体策を盛り込んだガイドラインが今週中に取りまとめられるという見通しを示しました。

「感染防止対策の要として対策しっかりと」

東京都の小池知事は西村経済再生担当大臣と会談したあと記者団に対し、「『新宿エリア』と申し上げているが、店で陽性者を出すと営業ができなくなるとして大変真剣に取り組んでいる業界の方もいる。一生懸命やっている方々のやる気をなくすようなことをしないように、業界とともにやっていくことが重要だという認識を共有できた」と述べました。

そのうえで、小池知事は「夜の街対策は、今、1つの大きな課題になっているので、感染症の防止対策の要として東京都としても対策をしっかり講じていきたい。感染させない、感染しないという大きな流れを夜の街でも確保できるようにしたい」と述べました。



タグ:
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/29041482
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2020-06-07 18:41 | 新型コロナウイルス | Trackback