人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

県が補正予算案719億円余

6月県議会がはじまりました。
https://www3.nhk.or.jp/hiroshima-news/20200622/4000007998.html

県が補正予算案719億円余

広島県の6月の定例県議会が22日、開会し、新型コロナウイルス対策などを盛り込んだ一般会計の総額で、719億円あまりの今年度の補正予算案が提案されました。

議会の冒頭、湯崎知事は「新型コロナウイルス感染症については、今月19日には、他の都道府県への移動の自粛要請を解除し、本県全体の人の流れは徐々に増えてきている。一方、依然として、国内では新たな感染者が発生しており、引き続き、警戒を緩めず、対策を行う必要がある」と述べました。
予算案では、PCR検査機器などの整備や、社会福祉施設が感染防止に必要な備品を購入する費用の補助など、感染拡大防止対策に76億8200万円、感染者の入院病床を設ける医療機関の支援の拡充や、医療従事者への慰労金の給付など、医療提供体制の確保に258億200万円が盛り込まれています。
また、民間の金融機関を活用した事業者に対する融資枠の拡大や、小規模事業者が、販路開拓に取り組む際の費用の一部の支援など、事業継続や雇用継続の対策に272億7300万円が計上されています。
県による今年度の補正予算案の編成は4回目で、今回を含めると累計額は1164億円あまりの規模となっています。
この予算案は、今月30日の県議会で採決される予定です。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/29064235
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2020-06-22 21:56 | 広島県政(広島県議会) | Trackback