人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

原爆供養塔の遺族不明者名簿発送

10年で2人。それでもわずかな可能性を

あきらめてはいけない・・。


原爆供養塔の遺族不明者名簿発送

広島市は原爆で亡くなった人のうち、名前が明らかになっていながら遺骨が引き取られていない814人の遺族を探すため2日、1人ひとりの名前が記された名簿を全国の自治体などに発送しました。

広島市の平和公園の原爆供養塔には引き取り手のないおよそ7万人の遺骨が納められていて、このうち814人については、名前が明らかになっているにもかかわらず、遺骨を引き取る遺族が判明していません。
広島市は遺族を探すため、毎年この時期に1人ひとりの名前が記された名簿を全国の自治体や被爆者団体に送って掲示を依頼していて、発送に向け2日の午前中、広島市役所で名簿を封筒に入れる作業などが行われました。
広島市によりますと、遺族を探す取り組みを始めた昭和30年以降、999人については遺族が判明し、希望に応じて遺骨が引き取られましたが、時間の経過とともに問い合わせも少なくなり、この10年で引き取り手が見つかった遺骨は2人にとどまっています。
広島市によりますと名簿はおよそ2000か所に向け発送されたほか、広島市のホームページでも公開されるということです。
広島市原爆被害対策部調査課の上本慎治課長補佐は、「原爆投下から75年を迎えようとしている中、いまだ814人の名簿が張り出されることに心が痛んでいる。少しでも多くの遺族に遺骨をお返しできるように発送作業にあたりたい」と話していました。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/29077969
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2020-07-02 18:41 | 反核・平和 | Trackback