人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

消費税率と政府の大きさをめぐる「ねじれ」【備忘録】

「連合」やそのブレーンの井出英策先生は消費税増税論であり、立憲民主党にもこの流れは強くある。
これに対して、共産党や新選組支持者、さらには、河村たかしさんや旧みんな、維新系などから批判はねづよくある。
Aグループの「連合」や井出先生らは、スウェーデンなど北欧を理想としている。
すなわち消費税率が高い高福祉国家だ。
しかし、日本の現状は安倍政権の腐敗や電通・竹中平蔵センセらの「中抜き」で
庶民に政府支出の恩恵が行かない状況だ。そのうえ、格差がおおきくなっているので
消費税の場合は庶民ほど厳しくなる。
「連合」や井出先生の理想はゆめのまたゆめ。「現状」で「短期的政策」、あるいは
中期くらいをみても実現性は薄い。現時点で「連合・井出路線」にこだわることは、自民党による収奪強化に悪用されるだけだ。厳しい言い方をすれば政治センスがない。
他方で、Bグループの新選組や共産党の場合は、「短期には積極財政。消費税を廃止に向かわせつつ、中期的には大きな政府。超大手企業や大金持ちにご負担いただく。」
さらに、Cグループの河村たかしさんや旧みんな、維新の場合は、「小さな政府」の観点から消費税増税に反対だし、名古屋での減税にみられるように、直接税も減税であり、これは「お金持ちにやさしい」路線だ。
最近の問題はA「連合・井出」路線の連合・自治労・日教組や立憲民主党、旧民進党系に反発する勢いあまって、公務員をぶったたいたり、河村たかしさんや旧みんな、維新にシンパシーをいだいてしまう市民派や新選組や場合によっては共産党支持者もおられることだ。
いわゆる野党共闘・都知事選における宇都宮けんじ陣営はA+Bの半分くらい。
山本太郎はBの半分くらい。小野候補がC,というかんじだ。
しかし、AからもCからも小池百合子にかなり票が流れた。これは「金持ちは
増税しない」という点でAとCが一致して小池を支持した。
日本の現状は、とくに地方の庶民の窮状もかんがみるに、Bでいいし、
山本太郎も、一時期はBの中で「共産党が立憲に遠慮してAに寄ったのでは?」
というイメージをもつひとに食い込んだ。
しかし、こんどは、山本がCに利用される危険もでてくる。「消費税減税」で
BとCは一致するが階級的利害は全然ちがう。むしろ正反対だ。
本当はAが、「北欧」を一足飛びにめざす?井出・連合路線を放棄して当面(中抜きをやめさせ、一定程度格差を是正するまで)B路線をとってくれることだ。
小選挙区制の不毛な部分も感じる。



トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/29090644
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2020-07-11 18:55 | 経済・財政・金融 | Trackback