人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

反核を訴えるリレー始まる

反核平和の火リレー。本社社主も30代前半までは参加させていただきました。

若者と女性が中心というのが建前ですのでその後は遠慮させていただいています。


反核を訴えるリレー始まる

核兵器廃絶の実現などを訴えながら、広島県内のすべての市と町を走りつぐ「反核平和の火リレー」が27日から始まり、広島市の平和公園で出発式が行われました。

このリレーは、広島市の市民団体などで作る実行委員会が毎年この時期に行っているもので、ことしで39回目となります。
広島市中区の平和公園で開かれた出発式では、およそ40人の参加者が原爆慰霊碑の前で黙とうしたあと、核廃絶を願って燃え続けている「平和の灯」の火がトーチに移されました。
出発を前にランナーを代表して献花した第1走者の新田康博さん(31)が「原爆投下から75年という大きな年だが、それだけ投下の記憶を継承することが難しくなってきている。このリレーを見て核兵器について考えて欲しい」とあいさつしました。
そして、原爆が投下された午前8時15分にあわせてトーチを掲げながら平和公園を出発しました。
このリレーは、例年17日かけて各地を走っていますが、被爆75年のことしは新型コロナウイルスの感染防止のため、5日間に短縮されました。
今月31日までの間、およそ100人の参加者が、県内23の全ての市と町を巡るおよそ53.5キロのコースをトーチを掲げながら走り、核兵器の廃絶などを訴えることにしています。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/29112911
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2020-07-27 18:25 | 反核・平和 | Trackback