人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

明後日29日「黒い雨」訴訟地裁判決

明後日29日「黒い雨」訴訟地裁判決
明後日29日、「黒い雨」訴訟の地裁判決が出る。国が認定している「大雨」地域以外でも、山県郡安芸太田町や北広島町、廿日市市も含む広い範囲で黒い雨が降り、被害があったことは知られている。
黒い雨の被害がきちんと救済されることは、ただ被害者のためだけではない。
世界の核実験や原発事故などの被害者の救済にもつながる。
いまでも放射能被害があったかどうか認定する際の基礎になるのはヒロシマの被爆者(直爆)データだ。ところが、被爆者への被害を測るには、結局、被爆していない(とされる)広島県民とガンなどの発生率を比べ、差を算出するしかない。ところが「黒い雨」が降っても認定されていない地域の住民の発ガンリスクは考慮されていない。だから、被爆者(直爆)の発ガンリスク等は過小評価されてきた。そして、世界中の核実験や原発事故の被災者の被害も過小評価されてきた。きちんと「黒い雨」の被害を測れば、直爆の被害の過小評価も是正されるし、ひいては世界中の核実験や原発事故の被害者の被害の過小評価も是正される。判決に注目したい。それとともに、やはり国会がきちんと立法措置を講ずることが大事だ。

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/29112940
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2020-07-27 18:46 | 反核・平和 | Trackback