人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

黒い雨訴訟 84人の原告全員を被爆者と認める判決

「黒い雨訴訟」で広島地方裁判所は29日、広島市などに対し、84人の原告全員を法律で定める被爆者と認め、被爆者健康手帳を交付するよう命じました。
三権分立の国の裁判所の判決としては極めてオーソドックスな判断をしたと評価します。
市や県(広島市以外の被爆者事務を管轄)は、控訴しないでほしい。
国は立法の不作為をみとめ、黒い雨の過小評価をやめてほしい。
そして、黒い雨の過小評価是正をつうじ、広島の放射能被害過小評価も改まることが、
全世界の原発事故や核実験ヒバクシャの救済も後押しすると期待します。




黒い雨訴訟 被爆者と認める判決

広島に原爆が投下された直後に放射性物質を含むいわゆる「黒い雨」を浴びて健康被害を受けたとして、住民たちが訴えた裁判で、広島地方裁判所は広島市などに対し、原告全員を法律で定める被爆者と認め、被爆者健康手帳を交付するよう命じました。
75年前の「黒い雨」をめぐる裁判で、被爆者と認める判決は初めてです。

現在の広島市佐伯区や安芸太田町などに住む75歳から96歳までの住民や遺族あわせて84人は、原爆が投下された直後に降った、いわゆる「黒い雨」を浴びて健康被害を受けたとして、5年前、広島市や県に対し、法律で定める被爆者と認めて被爆者健康手帳を交付するよう訴えました。
これまでの裁判で、広島市と県は、「健康被害が合理的に認められるほど被爆したと言える具体的な根拠はない」と主張しました。
29日の判決で広島地方裁判所の高島義行裁判長は、「住民たちが黒い雨を浴びたという陳述内容に不合理な点はなく、住民たちの診断書などから原爆の影響との関連が想定される病気にかかっていて法律に定める被爆者の要件が認められる」として、原告全員を被爆者と認め、被爆者健康手帳を交付するよう命じました。
75年前の「黒い雨」をめぐる裁判で、被爆者と認める判決は初めてです。
「黒い雨」が降った地域の一部では、被爆者に準じる援護を受けられる制度がありますが、今回の原告はその対象からも外れていました。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/29115730
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2020-07-29 18:37 | 反核・平和 | Trackback