人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

イラン大統領、「イラン旅客機の乗客を危険にさらした米国の行為は『空のテロ』」

そりゃそうだ。アメリカ自体が一番のテロですよ、やられたほうからみたら。





イランのローハーニー大統領が、米軍の複数の戦闘機がイラン旅客機の乗客を危険にさらした行為を、国際的航路における「空のテロ」だとしました。

ローハーニー大統領は29日水曜、閣議において、このアメリカによる行為はこれまでにも前例があるとして、「このような米国の行為は、対イラン政策の失敗を示している。彼らに残されたたったひとつの道は、法律、合意、規則を実践し、イランの人々へ与えた損害を購うことだ」としました。

また、国際民間航空機関(ICAO)や国連安保理、世界諸国に対し、この米政府によるテロ行為に措置を講じるよう求めました。

さらに、対イラン武器制裁延長に向けたアメリカの工作について触れ、「アメリカは、イランについての決議書のフォローアップのために、朝から晩まで斡旋屋のようにホワイトハウスの外をうろうろ歩き回っていたが、今日まで成功することはなかった。もちろん、たとえ成功する日が来たとしても、イランは断固とした返答をする」と説明しました。

そして、敵はイランの経済をひっかきまわし、その経済的支柱を壊すことを計画していると強調し、「イランの欧州向け輸出は、制裁にもかかわらず63%上昇した。これは、敵が経済という分野で成功を収めることができず、イラン経済を停止させることができなかったことを示している」と表明しました。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/29115789
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2020-07-29 19:10 | 国際情勢 | Trackback