人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

光源氏のモデルも藤原不比等だろう【古代史】

光源氏のモデルも藤原不比等だろう

ことし没後1300年を迎えた事実上の日本建国の父、藤原不比等。
おそらく、源氏物語の光源氏のモデルでもあったろう。
平安時代は男帝しかいなかったが、7世紀・8世紀は女帝の時代だ。そして、光源氏はさまざまな皇后と性的関係をもちまくったが、藤原不比等は女帝と性的関係をもちまくったろう。また、光源氏は男帝の皇子が臣籍降下した設定だが、不比等は女帝の斉明帝(ただし間人皇女=中皇命)と百済王・余豊璋(藤原鎌足の正体で天智天皇のモデル)の子だろう。
不比等が関係をもったのが元明帝と元正帝だ。
元明帝=あべのひめみこ=は蘇我倉山田石川麻呂帝の女系の孫で、重臣・阿倍御主人の娘でもあったろうか。
不比等はまず、草壁と元明帝の皇子・軽皇子を帝位につけるため、倭国のラストエンペラーの高市帝を暗殺。文武天皇とするが、文武が万世一系であるかにみせかけるため、草壁の母親の持統が帝であったかのように偽装し高市帝在位を歴史から抹殺した。
そのうえで、707年、文武帝を暗殺。母親の元明帝をつける。そののち、その娘の元正帝と関係をもち、首皇子をうませた不比等は首皇子を早死にした文武帝の皇子だったように偽装する。最終的に首皇子は聖武帝として即位するが、じゃまになった長屋親王は粛清されることになる。
現代の右派が女性天皇や女性天皇が結婚することに反対なのは、かつて、皇室をこのようなかたちで藤原氏が乗っ取ったことを知っているからかもしれない。自分たちのやったことはたにんからやられるかも、と疑心暗鬼を生じるものだ。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/29130566
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2020-08-08 20:40 | 歴史 | Trackback