人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

広島市長は「毒杯飲む心境」なら公約破りの引責で「切腹」の女性逗子市長の覚悟はおありか?

広島市長は「毒杯飲む心境」なら公約破りの引責で「切腹」の女性逗子市長の覚悟はおありか?

「黒い雨訴訟」について平和宣言で控訴断念を国にもとめながら、結局国に屈して「毒杯飲む心境」とおっしゃった。

だが、そもそも、毒をのまされたのは75年前の8月6日の被爆者たちだろう、というつっこみはさておいて、「言葉にみあうだけの覚悟」があるのか?

おなじような事例は、わたくし・さとうしゅういちが、東京にいた1980年代、連日のように関東地方のニュースを騒がせた「池子弾薬庫」問題だ。自然豊かな弾薬庫跡地を米軍住宅にすることについて、リコールがおき、富野揮一郎市長が誕生。その後継の女性市長はしかし、結局やむなく国の圧力に屈し、潔く辞職した。一応、出直し選挙には出られたが、従来から米軍住宅推進の自民党新人の無投票当選は回避したというだけのことで、もちろん予想通り大敗し、30代の若さで政界を引退した。1995年のことだった。

広島市長殿。あなたに、25年前の若き女性逗子市長の覚悟はおありか?言葉遊びだけで、原告84人救済はおくれたうえに認定地域拡大もさほど実現しなかったらどう責任をとるおつもりか?

ある意味あなたは、25年前の女性市長より有利な立場にあった。裁判所の判決というお墨付きをそのまま受け入れればいいだけのはなしだったからだ。





広島への原爆投下後に降った「黒い雨」を浴びたと訴えた住民ら84人全員を被爆者と認め、被爆者健康手帳の交付を命じた広島地裁判決について、国と広島県広島市は12日、控訴した。国は援護対象となる区域の拡大を視野に、再度の検証を始めると表明した。

 控訴期限の同日、加藤勝信厚生労働相は、報道陣に「(判決は)過去の最高裁判断と異なり、十分な科学的知見に基づいていない」と控訴した理由を説明。同省担当者は「地裁判決は、黒い雨を浴びたと本人がいい、特定の疾病の二つの要素があれば被爆者と認定されかねない」と指摘。厚労省は判決が確定すれば救済対象が大きく膨らみかねないと懸念した。

 黒い雨の援護行政を巡っては、降雨地域のうち「大雨地域」に限り援護対象とする。だが被爆者援護法上の被爆者とは認めず、特定疾病を発症すれば、被爆者と認めて手帳を交付。医療費の自己負担分をなくすなどしてきた。

 他方、被告の広島市広島県は国から手帳交付事務を受託しているものの援護行政に裁量はないとされ、国に援護対象の区域拡大を訴えてきた。判決後も国に控訴の断念を申し入れたが、国の控訴要請を受け入れるのと引き換えに「大雨地域」のみを援護対象とする現在の線引きを再検証することを引き出した。

 市や県が求める援護区域の拡大を巡っては、2012年、市などの要望を受けた国の専門家検討会が援護区域外の放射線による身体的影響を「科学的判断は困難」として拡大を見送った経緯がある。

 加藤厚労相はこの日、「黒い雨地域の拡大も視野に入れ、可能な限りの検証を行う」とし、AI(人工知能)なども活用し、科学的見地から進めたい意向を示した。ただ検証の行方は不透明だ。担当者は「科学的知見の検証なので専門家の力を借りる」とするが、検証内容や結論を出す時期については決まっていない。

 一方、広島市松井一実市長は同日会見し「勝訴原告の気持ちを思うと控訴は毒杯を飲む心境」、ある市幹部は「原告84人だけでなく(黒い雨を浴びた)みんなを救うために折り合いを付けた」とした。市によれば、援護を「大雨地域」に限る線引きが拡大された場合、新たに推計で数千人規模が援護対象に含まれる可能性があるという。

 松井市長はまた、黒い雨を浴びたと訴える人の高齢化などを理由に「科学的見地より『政治決断』を」と繰り返し求め、広島県湯崎英彦知事も同日、報道陣に「大臣、総理が拡大も視野に検討と言っている。結果として拡大しなかったというのは政治的にありえない」とした。(石川春菜、比嘉展玖)



トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/29138111
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2020-08-14 19:25 | 新型コロナウイルス | Trackback