人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

黒い雨区域拡大へ「早期検証を」 広島市長

早期というより即時拡大を。それができないなら控訴はすべきでは
なかったし、市長も知事も切腹ものですよ。





黒い雨区域拡大へ「早期検証を」

いわゆる「黒い雨」の援護区域の拡大に向け、広島市の松井市長は国に対し、市と県がこれまでに提出しているデータを活用し早期に検証を行うよう求めました。

広島に原爆が投下された直後に放射性物質を含む、いわゆる「黒い雨」を浴びて健康被害を受けたと訴えた住民全員を、被爆者と認めた判決をめぐっては広島市と県が国の要請を受け入れて控訴した一方で、国は援護区域の拡大も視野に検討を行う方針を示しています。
これについて広島市の松井市長は、21日の記者会見で、20日、副市長と県の担当者が厚生労働省を訪れ、援護区域の拡大に向けてこれまで市と県が国に提出した黒い雨に関するデータを活用するとともに国が行う検証作業に市と県の参加を求めたことを明らかにしました。
これに対し、厚生労働省は「検証内容や具体的なスケジュールは固まっていないが、専門家などの協力を得ながらできるだけ早期に行いたい」と回答したということです。
松井市長は「黒い雨を体験した人の高齢化が進む中、国に一刻も早く援護区域の拡大を実現してもらう必要がある」と述べ、国に対し検証を急ぐよう求めていく考えを示しました。


タグ:
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/29147960
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2020-08-22 07:04 | 広島市政(広島市議会) | Trackback