人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

大坂選手、おつかれさまでした

大坂選手、おつかれさまでした。あなたの

提起を支持します。それとともに、全米オープンにむけて、
しっかりケガをなおしてがんばってください!


大坂なおみ けがでツアー大会決勝を棄権

テニスの大坂なおみ選手がアメリカでのツアー大会の決勝を左太ももの裏のけがのため棄権しました。

大坂選手は全米オープンの前哨戦と位置づけられているニューヨークでのツアー大会で29日、決勝に臨む予定でしたが、大会主催者は、大坂選手が左太ももの裏のけがのため、決勝を棄権したと発表しました。

大坂選手は大会主催者を通じて「準決勝の第2セットのタイブレークで左太ももの裏を痛めて、一晩で回復しなかった。けがで棄権して申し訳ない」とコメントを出しました。

大坂選手は、この大会で、ウィスコンシン州で黒人の男性が警察官に背後から撃たれたことへの抗議として一時は、準決勝を棄権すると表明しましたが、これを受けて大会自体が27日の試合をすべて見合わせる事態となり、大坂選手はその後、ボイコットを撤回して、28日の準決勝では人種差別などへの抗議を表す「黒人の命も大切だ」という意味が書かれたTシャツを着て登場していました。

大坂選手は表彰式には姿を見せ、「正しいことのために立ち上がったトーナメントの皆さんを誇りに思う。私たちは大きな一歩を踏み出した」とあいさつしていました。

大会は世界59位でベラルーシのビクトリア・アザレンカ選手が優勝となりました。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/29158916
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2020-08-30 10:48 | 国際情勢 | Trackback