人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

サッダーム政権丸抱えのテロ組織・MKOによるイラン大統領ら爆殺事件から39年 30日

1981年8月30日、米英仏独中ソ(要は日本以外のほとんどの大国)を後ろ盾とするイラクのサッダーム政権丸抱えのテロ組織・MKOがイラン首相府をテロ攻撃、イラン大統領ら多数の政府要人が爆殺される。




8月 30, 2020 17:18 Asia/Tokyo
  • イラン外務省
    イラン外務省

イラン外務省が、イラン暦に定められた「テロとの戦いの日」にちなみ、「イラン反体制派組織MKOモナーフェギンは、多数のイラン人虐殺し、サッダーム旧イラク独裁政権の接戦したにもかかわらず、アメリカやEUに庇護されている」と表明しました。

イラン暦1360年シャフリーヴァル月8日にあたる、1981年8月30日、首相府が爆破され、当時のイランのラジャーイー大統領とバーホナル首相はそのほかの閣僚らとともに暗殺され、殉教しました。

この出来事にちなみ、毎年イラン暦のこの日は「テロとの戦いの日」に制定されています。

イラン外務省はこの日に際して「『テロとの戦いの日』は、39年前のMKOによる爆弾テロ事件により殉教した、当時のイランのラジャーイー大統領とバーホナル首相を記念する日である」と発表しました。

1979年のイランイスラム革命以降、MKOやそのほかのテロ組織により、イランの政府関係者や市民およそ1万7000人以上がテロ暗殺されています。

MKOのメンバーは、イラン国内でのテロ攻撃開始した後、当初はフランス・パリに、そしてイラクに逃亡しました。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/29161148
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2020-08-31 21:16 | 歴史 | Trackback