人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

遺族が介護運営会社を提訴

うーん、これは因果関係の立証はかなり難しいのでは。こういう事例で裁判になると介護事業者が萎縮して介護コロナ難民が増えかねない問題も出てきます。
他方、現場の人手不足で休みにくい問題もある。これはこれできちんとしないと行けない。ただ、こういう形の裁判で問題が解決するかどうか。




コロナ遺族 介護運営会社を提訴

新型コロナウイルスに感染して肺炎で亡くなった広島県三次市の80代の女性の遺族が、感染したのは当時利用していた訪問介護のホームヘルパーが原因で、介護事業所がヘルパーへの安全対策を怠ったため女性が死亡したとして、運営会社に対し、賠償を求める訴えを広島地方裁判所に起こしました。

訴えを起こしたのは、ことし4月に新型コロナウイルスに感染して肺炎で死亡した広島県三次市の82歳の女性の遺族です。
訴えによりますと、女性はことし4月、市内の介護事業所から派遣されたホームヘルパーの訪問介護を自宅で受けたあと感染が判明し、その翌日、広島県が濃厚接触者としてこのヘルパーを検査したところ、感染が確認されたということです。
ヘルパーには3月末に発熱や味覚の異常などの症状があったということで、遺族はヘルパーのほかに女性の感染経路は考えられず、所属していた介護事業所が症状を報告させるなどの安全対策を怠ったため女性が死亡したと主張して、事業所の運営会社に対し、4400万円の賠償を求めています。
遺族の弁護士は、「感染防止のため、ヘルパーの健康を管理する重要性は高まっていた。新型コロナウイルスをめぐって介護事業所の責任を問う裁判はこれまで聞いたことがなく、全国的に珍しいと思う」と話しています。
一方、運営会社は、「弁護士に一任しているため、コメントできない。裁判の経過を見守ってほしい」としています。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/29204336
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2020-10-03 08:10 | 新型コロナウイルス | Trackback