人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

被爆証言者3人が市政功労者に

これからもよろしくおねがいします!


https://www3.nhk.or.jp/hiroshima-news/20201008/4000009259.html被爆証言者3人が市政功労者に

広島市は原爆の恐ろしさを伝えるため、長年にわたって被爆体験の証言活動を行ってきた被爆者3人を市政功労者として表彰しました。

広島市は、地域振興などで功績のあった人や団体を市政功労者として表彰していて、ことしは124人の個人と2つの団体が受賞しました。
この中で、原爆の恐ろしさを伝える被爆体験の証言活動を20年以上行ってきた、岡田惠美子さん(83)、中西巖さん(90)、寺本貴司さん(85)の被爆者3人が受賞し、市役所で行われた表彰式には岡田さんと中西さんが出席しました。
式では松井市長が「皆さまの功績と努力に敬意と御礼を表するとともに、世界に輝く平和の街として、さらなるまちづくりを着実に進めるため、引き続き協力をお願いしたい」と述べ、表彰状を手渡しました。
8歳の時に被爆し、平成21年にニューヨークの国連本部でスピーチをするなど、各地で証言活動を続けている岡田さんは「被爆75年の今年をスタートにより一層、証言活動を行い、広島と長崎の被爆の実態を伝えていきたい」と話していました。
15歳のとき、「旧陸軍被服支廠」で被爆した中西さんは、「原爆で亡くなった人たちのためにも100歳になるまで活動を続けていきたい。私が被爆した被服支廠を全棟保存する活動も続けていきたい」と話していました。
証言活動を行ってきた被爆者が表彰されるのは、平成29年以来3年ぶりで、合わせて59人となりました。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/29212313
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2020-10-09 07:01 | 反核・平和 | Trackback