人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

リチャード・フォード、アメリカ人作家、「米は没落しつつある」

シュペングラーの「西洋の没落」から100年。時代は、真「西洋の没落」をむかえていますね。
問題は西洋の没落の巻き添えで、一応、西洋が「ご高説」としてかかげてきた人権とか民主主義も
道連れになって失われかねないことでしょう。そういう意味ではアジアで民主化を成し遂げている
国々は新時代の希望とも言えますが。





11月 01, 2020 06:54 Asia/Tokyo
  • リチャード・フォード氏
    リチャード・フォード氏

アメリカの著名な小説家、リチャード・フォード氏が、「アメリカはもはや、没落中の大国である」と語りました。

フォード氏は、スペインの新聞エル・パイスとのインタビューで、アメリカがトランプ政権時代に世界レベルで没落していることを指摘し、「アメリカにはもはや、誇れるものは何もない」と述べています。

また、トランプ大統領が最近、今度の大統領選で落選した場合に平和的に政権を明け渡すつもりはない、と脅迫したことに触れ、「アメリカは今、これまでのどの時代よりも多極化という問題の風当たりを受けている」としました。

さらに、「現在、アメリカ社会では二極化に拍車がかかっており、数日後の大統領選のさなかの暴力発生は今から十分予測できる」と語っています。

国際人権NGOアムネスティインターナショナルも最近、「アメリカの治安部隊はもはや、平和的な集会のかく乱を阻止する力がない」とし、「トランプ政権時代のアメリカでは、もはや抗議者や有権者の安全は保障されない」と表明しました。

アムネスティはまたこの報告において、「今年5月から9月までの間に、全米で実施された選挙集会全体の75%において、暴力や衝突の発生が報告されている」としています。

こうした中、CFRアメリカ外交問題評議会は「トランプ現大統領の支持派および、過度に武装した武装集団は、トランプ大統領が落選した場合の暴力行使を約束した」としています。

2020年アメリカ大統領選挙は、11月3日に開催される予定です。

これまで数ヶ月間にアメリカで実施された世論調査の大半からは、現職のトランプ氏よりも対抗馬のバイデン民主党候補がより優勢であることが判明しています。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/29245205
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2020-11-02 20:12 | 事故・災害・事件 | Trackback