人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004

くわいの出荷

くわいの出荷がはじまりました。福山の名産品です。





福山特産くわいの出荷が始まる

縁起物として、正月のおせち料理などに使われる「くわい」の出荷が、生産量日本一の福山市で始まりました。

「くわい」は甘みとほろ苦い後味が特徴で、芽が出ているその形から「めでたい」縁起物としておせち料理の食材などに使われています。
9日はことしの初出荷を迎え、JA福山市の集荷場には夜明け前から農家の人たちが収穫したくわいを詰めた箱が積み上げられました。
集荷場では、4人の検査員が出荷前の箱を開けてくわいを一つ一つ手に取り、大きさや色合い、それに、傷がないかなどを確認していました。
ことしのくわいは、夏場に発生した病気などの影響が心配されましたが、被害は少なく品質は例年並みになっているということです。
JA福山市によりますと、市内では国内の生産量のおよそ5割を占めるくわいが栽培されていて、ことし6月には国が地域ブランドとして認定する「地理的表示保護制度」にも登録されています。
福山くわい出荷組合の喜多村眞次組合長は「縁起がいいくわいをおせちなどで食べて、消費者の方にはコロナに打ち勝ってもらいたい」と話していました。
くわいは来月にかけて東京や大阪などに出荷されるということです。


by hiroseto2004 | 2020-11-09 18:46 | 農業・食料 | Trackback