人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

バイデン氏元アドバイザー、「バイデン氏は核合意復帰の意向」

そうそう。とりあえず、イラン核合意に戻りましょう。





11月 09, 2020 17:20 Asia/Tokyo
  • アモス・ホッホシュタイン(Amos Hochstein)氏
    アモス・ホッホシュタイン(Amos Hochstein)氏

米国務省でバイデン氏の近しいアドバイザーとして活動した、アモス・ホッホシュタイン(Amos Hochstein)氏が、「新アメリカ大統領に選ばれたバイデン氏は、短期間のうちに核合意に復帰する意向があるが、その一部の条項の変更を追求している」と語りました。

ホッホシュタイン氏は、シオニスト政権イスラエルの12チャンネルテレビとのインタビューで、「核合意復帰は、バイデン氏の優先事項の1つになると見られ、彼は就任後、間を置かずしてこれを短期間のうちに推進するだろう」と主張しています。

また、「バイデン政権時代の最初の1ヶ月間で、アメリカは核合意に復帰するだろう。そしてこのことは、過去3年間に行使されていた核関連の対イラン制裁の一部の停止ということになろう」と述べました。

アメリカは、2018年5月8日に、一方的に核合意から離脱していました。

トランプ米大統領は、核合意からの離脱および、イランに対する最大限の圧力行使という政策をもって、よりよい合意成立のための協議のテーブルにイランを着席させる、と約束していました。

こうした中、その後2年以上が経過してもトランプ政権はこの約束を履行できないままとなっています。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/29254594
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2020-11-09 18:53 | 反核・平和 | Trackback