人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

尾道市がゼロカーボン宣言

ゼロカーボン。やはり、自治体から

積み上げていくのが一番です。尾道市

さんは、コロナ対策でもがんばっておられますね。
これくらいの規模の自治体のほうが
よく動いておられるイメージはあります。


尾道市がゼロカーボン宣言

脱炭素社会の実現に向けて尾道市は30年後の2050年までに二酸化炭素の排出量を実質ゼロにすることを目指すことになりました。

これは24日開かれた記者会見で尾道市の平谷祐宏市長が明らかにしました。
この中で、平谷市長は、地球温暖化が原因とされる気候変動で豪雨災害や猛暑が深刻化し尾道市でもおととしの西日本豪雨で大きな被害を受けたとした上で、2050年までに市内の二酸化炭素の排出量を実質ゼロにすることを目指す「ゼロカーボンシティ」を宣言しました。
目標達成に向けて自家用車から公共交通機関への利用を促すほか、時速20キロ未満で公道を走る電動の「グリーンスローモビリティ」などを取り入れたまちづくりを進めるとしています。
政府は、2050年までに二酸化炭素の排出量を全体としてゼロにすることを目指す方針で、自治体にも対策を求めています。
二酸化炭素の排出量の実質ゼロを目指す「ゼロカーボンシティ」宣言は県内の自治体では初めてですが、排出量の算定方法や対策の具体的な数値目標などは決まっておらず、どのように実効性を持たせるかが課題です。
平谷市長は、「次の世代のためにもゼロカーボンに向けた取り組みを積極的に進めていきたい」と話しています。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/29274851
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2020-11-25 07:16 | 環境・街づくり | Trackback