人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004

三島事件50年

三島由紀夫とともに切腹した森田必勝のお兄さんへのインタビュー。
お兄さんは革新系の県議。
それでも
「右とか左とかいう思想の問題とは関係ない。弟は日本国を憂えて現状を憂えて、何とか少しでもよくしないといけないという気持ちを持って行動に出たのだと思っている」
「どうしてそんなに急いだのかと。命をかけてまで、どうしてそこまでやったんだと。命を投げうって訴えたということについては、認めてやらなければいけないと思いながらも、命をどうして捨てるのかという気持ちだ。気概を持っていろいろな難局にあたり解決の道を見いだすべきではなかったのかと思っている」


by hiroseto2004 | 2020-11-25 07:32 | 思想・哲学 | Trackback