人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

医療機関の40%余 冬のボーナス引き下げ 10万円以上の減額も

失業された方、売り上げが減った方の大変さ。一方で、医療労働者のように
いそがしくなったのに収入が減る大変さもある。
これらは、非常時ですし、自助では乗り切れません。





医療機関の40%余 冬のボーナス引き下げ 10万円以上の減額も

新型コロナウイルスの影響が長期化する中、医療機関などで働く人たちのこの冬のボーナスについて労働組合が回答の状況を調査した結果、40%余りで去年より引き下げられたことがわかりました。労働組合は「医療従事者が責任感や使命感だけでは働き続けることが難しい状況になっていて、国の支援が必要だ」と指摘しています。

日本医療労働組合連合会(日本医労連)は、加盟する看護師などで作る労働組合を対象にこの冬のボーナスについて調査し、24日までに回答があった298の組合の状況をまとめました。

それによりますと、前年と比較できる289の組合について集計したところ、128の組合(44%)で去年より引き下げられたことがわかりました。

289の組合では、冬のボーナスは平均で1.739か月分・44万8138万円となっていて、去年より0.09か月分・3万7311円減少しました。

去年より10万円以上下がるのは31の組合(10.7%)に上り、これまでで最も多くなっています。

最も影響が大きい組合では、去年からの引き下げ額が1人当たり平均で35万円を超えるということです。

日本医療労働組合連合会「国の支援が必要」

会見をした日本医療労働組合連合会の森田進書記長は「ボーナス減少の背景には新型コロナウイルスの影響による医療機関の経営悪化がある。医療従事者はことしの春から息も抜けない厳しい中で働き続けていて、負担は増えているのに、待遇は下がっている。責任感や使命感だけでは働き続けることが難しい状況になっていて、国の支援が必要だ」と話しています。

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/29275611
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2020-11-25 19:37 | 新型コロナウイルス | Trackback