人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004
カレンダー

鳥大医学生2人感染計60人 医学部附属病院外来診療と救急外来は引き続き通常通り行う

鳥大医学生2人感染計60人。

鳥大附属病院は手術中止に

新型コロナウイルスに感染した、鳥取大学医学部の学生が臨床実習で訪れていた米子市の鳥取大学医学部附属病院は、重症患者を除いて手術を中止することを明らかにしました。
外来診療や救急外来などは、通常通り行うということです。

鳥取大学医学部附属病院では、2日の夕方に記者会見を開き、病院の今後の対応などを説明しました。
病院によりますと、新型コロナウイルスに感染した学生2人のうち、2日に感染が確認された米子市の20代の女子学生が、11月30日と12月1日、病院内で手術や外来の様子を見学する臨床実習を受けていたということです。
今回の事態を受けて、病院では、2日午後から重症患者を除いて手術を中止しています。
女子学生は患者との直接の接触はなかったということですが、実習に関わった医師や看護師、それに患者など48人にPCR検査を行っていて、病院では、検査の結果を見て手術の再開時期について判断することにしています。
一方で、新型コロナウイルスの感染者の診療を含め、外来診療と救急外来は引き続き通常通り行うということです。
鳥取大学医学部附属病院の原田省病院長は「学生から感染者が出たことは非常に残念だが、病院では感染症として安全に制御しており、通常通り診療しているので安心してほしい」と話していました。

鳥大医学生2人感染計60人|NHK 鳥取県のニュース

鳥大医学生2人感染計60人

鳥取県は2日、米子市に住む20代の女性が、新たに新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。
この女性は、1日に感染が確認された男性の濃厚接触者で、2人はいずれも鳥取大学医学部の学生だということです。

鳥取県は、米子市に住む20代の女性が、新たに新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表し、県内での感染確認はあわせて60人となりました。
この女性は、1日に感染が確認された米子市に住む20代の男性の濃厚接触者で、2人はいずれも鳥取大学医学部の学生だということです。
鳥取大学によりますと、米子市にある鳥取大学医学部附属病院の施設など、学生の立ち入り先の消毒を行うとともに、県とともに2人の濃厚接触者などの特定を進めています。
鳥取県の平井知事は、2日に開かれた定例県議会の一般質問で「鳥取大学医学部は、私どもの医療のとりでで、ここの医療基地が損なわれることはあってはならない」と述べ、大学と連携して感染拡大の防止に向けた対策に全力をあげる考えを示しました。


by hiroseto2004 | 2020-12-02 17:44 | 新型コロナウイルス | Trackback