人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004
カレンダー

自民 衆院3区に石橋県議擁立へ

広島3区は自公が分裂しても必ずしも野党有利とはかぎりません。広島3区では自民党の県議や市議、あるいは公明支持層にもアンチ河井の気風も強く、過去の国政選挙でも、自民党の県議や市議の支持者、また公明党支持者の票が野党に流れています。

今回、克行被告人ではない自民、公明の候補が出ればそれなりの票は固めてくる
でしょう。「アンチ河井」で野党に流れていた票もむしろ戻ってくる可能性もある。
他方で、自民党への逆風もあるのも事実ではあるが、その逆風は過大評価できない。
ライアン真由美予定候補は一層の奮闘が必要。さとうしゅういちも「衆院広島3区はしがらみのない女性会社役員のライアン真由美で金権腐敗の河井ウイルス封じ込めを。参院広島では元熱血県庁マン・男性介護士のさとうしゅういちで暮らしに安心を」との取り組みをすでにおこなっていますが、強化します。

自民 衆院3区に石橋県議擁立へ|NHK 広島のニュース|NHK 広島のニュース

自民 衆院3区に石橋県議擁立へ

自民党広島県連は、衆議院広島3区の現職で公職選挙法違反の罪に問われ離党した河井克行元法務大臣に代わる新たな候補者を決める選考委員会を開き、県議会議員の石橋林太郎氏を次の衆議院選挙で広島3区に擁立する方針を決定しました。

自民党広島県連は、衆議院広島3区の現職で去年の参議院選挙をめぐって公職選挙法違反の罪に問われ、離党した河井克行元法務大臣に代わる候補者の公募を実施し、8日、広島市内のホテルで候補者を決める選考委員会を開きました。
そして、協議の結果、県議会議員の石橋林太郎氏を次の衆議院選挙で広島3区に擁立する方針を決定しました。
石橋氏は安佐南区出身の42歳。
平成27年の県議会議員選挙で初当選し、現在は2期目です。
県連では、9日、党本部に報告することにしていて、石橋氏は、県議会で記者団に対し、「『河井夫妻』の問題は言語道断だ。県民の信頼を損ねた状態なので信頼回復に努めたい」と述べました。

衆議院広島3区からは▼立憲民主党の新人で元会社役員のライアン真由美氏と、▼公明党の副代表で比例代表中国ブロック選出の斉藤鉄夫衆議院議員が立候補を表明しているほか、▼NHKから国民を守る党は広報室長の新藤加菜氏の擁立を発表しています。


by hiroseto2004 | 2020-12-08 18:47 | 第49回衆議院議員総選挙 | Trackback