人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー

札幌市教委 「教師本人が否定しているので懲戒処分しません」 東京地検特捜部「安倍晋三本人が知らないと言っているので起訴しません。」

札幌市教委 「教師本人が否定しているので懲戒処分しません」
東京地検特捜部「安倍晋三本人が知らないと言っているので起訴しません。」
ほんとうにくさりきっていますね。
元校長とか身内だから教師をかばいますよね。
機能していません。
公選制復活もふくめてかんがえるべきですね。





15歳から19歳にかけて、札幌市立中学の男性教師にわいせつな行為をされたとして、提訴していたフォトグラファーの石田郁子さんは12月28日、札幌市教委に対して教師を懲戒処分するよう申し入れたことを明らかにした。

東京高裁は12月15日、損害賠償請求できる期間が過ぎているとして、石田さんの訴えを退ける一方、札幌市や男性教師側が否定していたわいせつ行為は「認められる」とした。

しかし判決後、札幌市教委から石田さんに対して連絡はなく、石田さんは12月18日、札幌市教委に対して教師の懲戒処分と処分前に退職届を受け取らないよう申し入れた。石田さんが札幌市教委に教師の懲戒処分を申し入れるのは今回で3回目だ。(弁護士ドットコムニュース・猪谷千香)

●「教師が否定している」で処分なし

石田さんが被害に遭っていたのは中学3年生だった15歳から大学1年生の19歳まで。大学で教育実習に行った石田さんは、教師の行為が「倫理的におかしい」と感じ、大学卒業後の2001年、札幌市教育委員会に再発防止や教師の退職を求めた。しかし、元小学校の校長だったという女性が対応して、「子ども扱いされて終わりました」(石田さん)。

女性は、石田さんに「若いころはいろんなことがあるわよね。今日はすっきりして帰ってちょうだい」というだけで、とりつくしまもなかったという。

その後、2015年にある児童買春事件の裁判を傍聴して、教師による行為は不法行為だったのではないかと思った石田さん。2016年にあらためて札幌市教育委員会に対して、第三者委員会による調査と教師の懲戒処分を求めて申し入れをおこなった。

しかし、1年にわたり話し合いが続いたものの、教師が事実を否定しているという理由から、札幌市教委はなんら対応しなかった。石田さんは同じ頃にPTSDを発症、2019年に教師と札幌市を提訴せざるをえなかった。


タグ:
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/29350211
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2020-12-30 08:20 | ジェンダー・人権(DV・性暴力) | Trackback