人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「アメリカの順徳帝」イバンカ夫妻がワシントン脱出か 「アメリカの後鳥羽院」トランプ自滅加速

ツイート=院宣で支持者を扇動してきたアメリカの後鳥羽院の娘で「アメリカの順徳帝」イバンカ夫妻
脱出の準備。
トランプは「アメリカの後醍醐帝」として一定の影響力をのこすかともおもいましたが、
今回の狼藉をみると、きちんと、承久の乱の後の後鳥羽院のように、きちんとした刑事罰も
ふくめた処罰が必要でしょうね。外国人であるわたしがあれこれいってもしかたがないので、
アメリカの司法が判断されるとおもいますが。

※順徳帝 1197-1142。
後鳥羽院の息子。承久の乱に加担して隠岐に島流しになった父とともに佐渡に島流しになった。

トランプ大統領長女イバンカ夫妻首都脱出か 米報道 (msn.com)





トランプ米大統領が支持者たちを扇動して、6日に連邦議会議事堂を襲撃させたとして弾劾決議案の準備が進められていると米メディアが伝える中、長女で大統領補佐官を務めるイバンカさん夫妻が首都ワシントンDCを脱出する準備をしているのではないかと報じられた。

自宅前に不用品を回収する会社の大型トラックが止まり、段ボール箱などが運び出される写真を地元記者がSNSに投稿した。夫妻は昨年12月にフロリダ州マイアミにあるプライベート・アイランド「インディアン・クリーク島」に3200万ドルで土地を購入したと伝えられており、自分たちを含めてトランプ一家に対する批判の声が高まる中で、トランプ大統領の任期終了を待たずに首都を去る可能があると地元メディアは伝えている。

夫妻はニューヨークのマンハッタンにアパートを所有しているが、2017年のトランプ大統領の就任に合わせてワシントンの高級住宅地に家賃月1万5000ドルと言われる住居を借りて、3人の子供と暮らしていた。

インディアン・クリーク島には多くのセレブも別荘を持っており、専属の警察もいてセキュリティー面でも安全な土地だと伝えられている。また、島はトランプ大統領が退任後に居住すると伝えられる同州パームビーチにある別荘マー・ア・ラゴまでも車で1時間半弱とアクセスがよく、マイアミには夫クシュナー氏の弟夫妻も昨夏に自宅を購入している。

イバンカさんはSNSで議事堂に乱入したデモ隊を「愛国者」と呼んで批判を受けており、バイデン次期大統領が就任後に、自身や夫クシュナー氏に対する捜査を司法長官に指示する可能性も指摘されている。(ロサンゼルス=千歳香奈子)


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/29366551
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2021-01-10 15:40 | 国際情勢 | Trackback