人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

広島大学病院の大下先生も一定の評価

広島大学病院の大下先生も一定の評価。
集中対策期間延長 医師は評価も|NHK 広島のニュース

集中対策期間延長 医師は評価も

広島県が新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため飲食店に営業時間の短縮などを要請する集中対策の期間が2月7日まで延長されることについて、医療現場からは一定の評価をする声があがっています。

広島大学病院で重症患者の治療に当たっている大下慎一郎准教授は、「医療的にはやむをえない状況なのではないかと思う。これで感染がおさまるわけではないが、人と人との接触機会は減ると思うので、新規患者の抑制にはつながると思う」と一定の評価をしています。
医療現場の現状については、感染者の増加にともないICU=集中治療室のベッドが長期間埋まる状況が続いているということで、大下准教授は「私たちの施設もずっと満床の状態が続いている。広島市はほとんどのICUが満床に近づいていて、県全体で空床があるといっても必ずしも安心できる状況ではない」と危機感を募らせています。
その上で、「最も重要なことは営業時間の短縮だけでなく、市民1人1人が感染しないよう注意することだ」として、引き続き、マスクの着用や手洗いなど基本的な感染防止対策を続けることが重要だと話しています。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/29373192
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2021-01-15 18:51 | 新型コロナウイルス | Trackback