人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

広島市長・県知事が核実験に抗議文

広島市長・県知事が核実験に抗議文。

アメリカが去年11月に核爆発を伴わない「臨界前核実験」を行っていたことがわかったことを受けて、広島市の松井市長は17日、「核兵器廃絶を求める多くの人々の願いに背く行為であり、断じて許すことはできない」とする抗議文をトランプ大統領に宛てて送りました。

この中で、松井市長は、「今回の核実験は、核兵器禁止条約の発効が決まった中で行われており、まさに核兵器を廃絶していこうという世界の潮流に逆行するものである。被爆者をはじめ核兵器廃絶を求める多くの人々の願いに背く行為であり、断じて許すことはできない」としています。
その上で、「こうした世界の潮流や平和を希求するヒロシマの心を理解しない核実験は即刻中止し、今後、二度と繰り返すことのないよう強く求める」としています。
松井市長は、被爆地の代表としてだけでなく、みずからが会長を務める、世界の8000余りの都市でつくる「平和首長会議」の会長としても同じ内容の抗議文をまとめ、トランプ大統領に宛てて送りました。

アメリカが去年11月に核爆発を伴わない「臨界前核実験」を行っていたことがわかったことを受けて、広島県の湯崎知事は17日、抗議文をトランプ大統領に宛てて送りました。

この中で湯崎知事は、「広島は昨年、原爆投下75年の節目の年を迎え、被爆者をはじめとする多くの人々が核兵器廃絶の実現を世界に訴え続けることを誓った年でもあった。今回の実験の実施は核兵器廃絶を強く願う広島県民をはじめとする世界の人々に大きな落胆を与えるものであり、誠に遺憾だ」としています。
その上で、「今月発効する核兵器禁止条約に込められた核兵器の廃絶を願う国際世論や、核兵器の非人道性を訴えてきた被爆者をはじめとする広島県民の強い思いを真摯に受け止め、今後、一切の核実験を中止し、核兵器廃絶に向けて、核軍縮義務を順守し、全力を挙げて取り組むよう強く求める」としています。

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/29375560
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2021-01-17 18:43 | 反核・平和 | Trackback