人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

中華民国(台湾) 去年のGDP 前年比2.98%増加 コロナ感染抑えプラス成長

中華民国、早期の封じ込めで経済も順調。おなじ東アジアの日本とは対照的な結果に。
中華人民共和国は、体制のちがいから参考にはしにくいが、台湾と似たようなことは
日本でもできた可能性はありますね。
日本の場合、アメリカさえよりも「小さな政府」で「感染」よりも「経済」で人が亡くなる結果に。
ただし、だからといって初期の封じ込めに失敗した以上、感染対策をしなかったら、欧米のような
爆発までいき、おおくの方がなくなったでしょう。だから「自粛反対論」「日本大丈夫論」も誤りである。




台湾の去年のGDP=域内総生産は、新型コロナウイルスの感染を抑え込んだことで消費の落ち込みが小幅にとどまったうえ、米中対立の影響も加わって半導体などの受注が好調で輸出を押し上げたことから、世界で数少ないプラス成長を記録しました。

台湾の行政院の発表によりますと、去年のGDPは前の年と比べて速報値で2.98%増加しました。

新型コロナウイルスの感染が世界的に拡大する中、台湾当局は渡航制限や隔離などの対策を素早く厳格に行って域内での感染を抑え込んだうえ、自己負担額の3倍の買い物ができる金券の発行といった振興策が一定の効果をあげ、消費の落ち込みが小幅にとどまりました。

また、米中対立の影響も加わって半導体などの受注が好調だったことや、テレワークの普及によるパソコンなどの需要拡大で、輸出が押し上げられたことがGDPの伸びに寄与しました。

これらの結果、台湾はコロナ禍で数少ないプラス成長を記録した国・地域の1つとなり、2.3%だった中国をも上回りました。

行政院で統計を担当する呉佩セン専門委員は「効果的な感染対策によって生産活動と消費活動が持続できていることが、このような成長につながった」という認識を示しました。

※センは、「王」へんに「旋」


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/29390917
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2021-01-30 07:00 | 新型コロナウイルス | Trackback