人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

集中対策”2月21日まで延長 広島県

そうですね。まだ、底堅い感染がつづいていますので、ここはもうひとふんばり。
東京などの緊急事態宣言も、解除は無理でしょう。
西浦先生がいうとおり、新規感染を東京なら1日100人未満程度まで押さえ込む
ことが必要ではないか?台湾の例をみてもそうおもいます。

集中対策”2月21日まで延長”|NHK 広島のニュース




広島県は、新型コロナウイルスの感染拡大防止の集中対策で影響を受けた飲食店への支援策などを盛り込んだ55億円あまりの補正予算案をとりまとめ、湯崎知事は、この補正予算が成立した場合には2月7日までとしていた集中対策の期間を2月21日まで延長する方針を表明しました。

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため広島県は、2月7日までを集中対策の期間として、広島市内の飲食店に営業時間の短縮を求めるなど感染防止対策を実施しています。
これについて広島県は感染の収束を確実にするための取り組みを進める一方で、集中対策で影響を受けた飲食店を支援していく方針を固め、必要な費用を盛り込んだ55億円あまりの補正予算案を取りまとめました。
この中では、集中対策の影響で売り上げが減少した県内の飲食店などが要件を満たした場合に、1店舗あたり30万円の支援金を支給するための費用が盛り込まれています。
また、補正予算案には2月8日から21日までの期間、広島市内の食品衛生法の飲食店営業許可を受けている酒類を提供する飲食店を対象に、これらの店舗が営業時間の短縮などの要請に応じた場合に支給される協力支援金の費用も含まれています。
協力支援金は、県が対象の飲食店に▼酒類の提供時間を午前5時から午後8時までとし▼営業時間を午前5時から午後9時までの間に短縮するよう要請し、これに応じて期間中に▼休業した場合には1店舗あたり38万円、▼短縮した場合には1店舗あたり28万円が支給されることになります。

県は、補正予算案を2月3日に開会する臨時県議会に提出することにしていて、湯崎知事は、補正予算が成立した場合には、2月7日までとしていた集中対策の期間を2月21日まで延長する方針を表明しました。
その上で、湯崎知事は、対策期間を2月21日までからさらに変更する可能性について「多少の変化があっても、よほどのことがないとそこは難しい」と述べました。

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/29390919
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2021-01-30 07:05 | 新型コロナウイルス | Trackback