人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

スイスがイラン製コロナワクチン購入の可能性

これは興味深い。ワクチンの確保も西側企業「だけ」にたよっていられない
所詮は各国とも自国最優先だから保険をかけておこう、ということですね。





欧州やスイスで新型コロナウイルスワクチンが不足していることから、スイス保健省は、エジプトやイランなどの西側諸国以外のワクチン生産国と協議を行っています。

メフル通信がスイスの通商新聞を引用して報じたところによりますと、スイス保健省は、エジプトやイランなどの西側諸国以外のワクチン生産国と協議を行っているということです。

米ファイザー社の新型コロナウイルスワクチン生産は、現在問題に直面しており、一方で英アストラゼネカ社製ワクチンの認可プロセスも非常に進みが遅く、そのために欧州やスイスでは、このウイルスに対抗するための充分な量のワクチンがまだ存在しません。このことから、ワクチン供給に携わる数多くの企業や機関の調査が必要となっています。これらの企業や機関は、影響面を広げられる一方、貯蔵量確保の連鎖の穴を埋めることができます。

一方、WHO世界保健機関は、治験やその前段階にある237のワクチンのリストを発表しています。例として、エジプトの国立研究センター、ナイジェリアの研究所やインドの企業、イランの複数の機関が、新型コロナウイルスワクチンの開発に関わっています。

スイスは今のところ、ワクチンの購入に対しては慎重に対処しています。しかしスイス保健当局者の一人Nora Kronig氏は、エジプトでのワクチン調査を視野に入れていることに言及しています。

これに加えて、同機関はイランとの関係を維持しています。同氏はこれについて、「我々は、イランの保健部門と良い関係を保っている。彼らのシステムは集約された形の組織化がされ、そのために治験の実施や情報の収集に対する準備が備わっている」と述べています。

現在のところ、イランからは5つの機関がWHOのワクチンリストに掲載されています。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/29393007
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2021-01-31 19:37 | 新型コロナウイルス | Trackback