人気ブログランキング |

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

参院選広島再選挙 さとうしゅういち 街宣予定(随時更新変更あり)

参院選広島再選挙 さとうしゅういち 街宣予定(随時更新変更あり)
基本的には
・走行中の選挙カーによる名前のみの連呼は基本的にはなし
・案里さんとさとうの共通の地元の安佐南区と案里さんからカネをもらって居座る超大物県議の地元の呉市は国政選挙とは思えないどぶ板で街頭演説などでうかがいます。広島から「政策論議中心」で「極力お金をかけない」「どうしても必要なお金は政党交付金や企業団体献金ではなく政治姿勢を支持いただける方からのカンパ等で賄う「案里さんとはまったく正反対」の政治活動」を発信し、郷土の名誉を挽回します。
今までの広島での国政選挙の「常識」からは外れるかもしれません。10年前、県庁を退職して案里さんと対決した「さとうしゅういち」が、捲土重来、歴史を変えるべく挑みます。広島と瀬戸内海で直通する伊方をはじめとする「原発ゼロ」、「お金がなくても堂々と参加できる政治」への制度改革、そしてコロナのもとで加速する貧困を防ぐ。そして地方自治・地域経済の再生。これらを軸に堂々と与野党の有力候補との論戦をリードしてまいる意気込みです。

4月8日(木)の主な街宣地域
8時ころ原爆ドーム前出発式→横川駅前(閑間重松被爆の地)→安佐南区=案里さんとさとうしゅういちの共通の地元を市議選並みに細かく回る→安佐北区(克行被告の選挙区にはなる)可部→高陽→広島駅北口→東区(地元)内、特に温品、福田、馬木→広島駅南口
9日(金) 広島駅で演説後、呉市=有罪確定の河井案里さんから200万もらった奥原信也県議の地元&原発企業の地元&高校廃校に揺れる=を市議選並みに細かく回る(ポスター張りを兼ねて)。10時から呉市中心部西部→午後は広地区→夕方呉市中心部東部。
10日(土)福山市入り。福山中心部→神辺→賀茂→新市→松永→沼隈→鞆の浦→福山市街地
11日(日)安佐南区古市橋→安佐南区一周→広島都心部(西区、中区、南区)→海田市→安芸区→府中町など。
12日(月)広島県の西部方面 佐伯区・廿日市市方面
13日(火)北部方面 安佐北区白木→安芸高田市→三次市(中心部)→庄原市(駅周辺)
14日(水)朝広島市 お昼から呉市 阿賀地区中心にきめ細かく
15日(木)山陽本線西条→三原→尾道→福山市→夕方広島市
16日(金)広島3区内を徹底的に。夕方都心部。
17日(土)広島一区と安芸郡、安芸区。
18日(日)呉市
19日(月)広島3区と2区徹底的に。
20日(火)広島1区と4区一周(とくに安芸区)
21日(水)広島市→東広島市→三原市→竹原市(駅前)→呉市(安浦町→広)→夕方は呉市
22日(木)広島3区 集中的に 
23日(金)広島3区→福山市(宿泊)
24日(土) 府中市→福山市→尾道市→三原市→東広島市→(ここまで電車)広島都心部→安佐南区

供託金300万円はみなさまのご協力で確保しました。あつく御礼申し上げます。
引き続き、最低限の活動コストについて皆様からのカンパをお願いせざるを得ません。
コロナ禍のもと、心苦しい限りですが、どうか少額でもよろしく伏してお願い申し上げます。(政治資金規正法上、日本国籍の方、上限150万円までです。) ご寄付の際はメール等でご住所・ご氏名・ご職業などお知らせください。
郵便振替口座 01330-0-49219 さとうしゅういちネット
広島銀行 本店営業部 普通 3783741 さとうしゅういちネット

なお、お金は難しいが無償の労務提供なら、という方も大歓迎です(例えば車上運動員を無償でしていただいた場合は1万5千円、事務員なら1万円のご寄付をいただいた扱いで
収支報告書に記載する公選法上のルールになっています。)

参院選広島再選挙 さとうしゅういち 街宣予定(随時更新変更あり)_e0094315_23102709.jpg

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/29470717
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2021-04-24 23:59 | #参院広島補選/再選挙を前に提言します | Trackback