人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004

近畿大の困窮学生に食料品を無料提供 同窓会グループが支援

頭がさがる取り組みです。しかし、政治こそがこういう状況を生み出さないよう
がんばらないといけない。

近畿大の困窮学生に食料品を無料提供 同窓会グループが支援|NHK 広島のニュース



新型コロナウイルスの影響で経済的に苦しむ大学生を支援しようと、東広島市にある近畿大学のキャンパスで、食料品が無料で提供されました。

近畿大学の卒業生で作る同窓会のグループは、新型コロナウイルスの影響でアルバイトの収入などが減り生活が苦しくなっている大学生を支援しようと、全国6つのキャンパスで食料品を無料で配布していて、24日は東広島市にある「広島キャンパス」で650セットが用意されました。
食料品は、▽卒業生が勤める食品会社のレトルトカレーや素麺、調味料に加え、▽近畿大学が開発に関わったコメなどあわせて12種類を1セットにして配られました。
会場のホールには、事前に予約した1人暮らしの学生たちが訪れ、開始からおよそ3時間ですべて配布されました。
受け取った2年生の女子大学生は、「バイトのシフトが減って、食費に回せるお金が減ったのですごくありがたいです」と話していました。
また、近畿大学学園校友部の島田政之主任は、「対面授業が本格的に始まった今のタイミングで支援を決めました。しっかり食べてもらって勉学やスポーツに励んでほしい」と話していました。
by hiroseto2004 | 2021-11-24 22:21 | ジェンダー・人権(反貧困) | Trackback