人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004

れいわ新選組の衆院予算委質問、認められず 与党「例がない」と反対 山本太郎氏「非常に残念」 相変わらず与党よりひどい維新

れいわ新選組の衆院予算委質問、認められず 与党「例がない」と反対 山本太郎氏「非常に残念」
立憲民主党が質問時間をゆずることを提案してくれたが与党が拒否。
採決の前にいろいろな角度の意見を出し合うのが議会のありかたでは?
そもそも、与党の議員だって総理の太鼓もちばかりせずに、厳しいツッコミをもっといれるべき。三権分立なのだから。昔はあったようにおもうが、やはり小選挙区制の悪影響。総理にさからって公認を取り消されたら当選はおろか選挙運動の形さえできないから。
逆切れ維新
とうとうと自分のことばかり述べられた公述人を注意したら維新が逆キレ
原公述人は維新からご自身の会社に年間2600万円、累計で1.5億円の提供を受けている利害関係者でもある。民主主義をカネで買うという意味では悪質だ。
日本維新の会は17日、衆院予算委員会の中央公聴会で共産党の宮本徹衆院議員が公述人の原英史氏に批判的な発言をしたとして、衆院に懲罰動議を提出した。
 15日の中央公聴会で、宮本氏は原氏に関し、「自らの抱える案件について私的な反論をとうとうと述べられた。公聴会の在り方としてふさわしいのかという点で言えば、甚だ疑問だ」と発言。原氏を公述人に推薦した維新の「責任も問われる」と述べた。

by hiroseto2004 | 2022-02-18 07:26 | 参院選2022 | Trackback