人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

外国人を奴隷化する技能実習制度の廃止を求めます!さとうしゅういち 介護福祉士元県庁マン


実習生という中途半端なかたちにしておいて、収奪するのが今の日本のやり方
きちんと労働者としての人権を認めるべき
もはや日本は世界第4位の移民大国。
きちんと問題を整理していくことは日本人労働者の労働条件改善にも資する。
わたしの勤務先のひとつの介護現場でも外国人労働者が多い
介護の場合外国人の方が実は高く時給は設定されているケースも。
日本人がやりたがらないから外国人に、というのは成り立たない。


https://www.change.org/p/%E5%A4%96%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E3%82%92%E5%A5%B4%E9%9A%B7%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B%E6%8A%80%E8%83%BD%E5%AE%9F%E7%BF%92%E5%88%B6%E5%BA%A6%E3%81%AE%E5%BB%83%E6%AD%A2%E3%82%92%E6%B1%82%E3%82%81%E3%81%BE%E3%81%99?recruiter=35567712&utm_source=share_petition&utm_medium=twitter&utm_campaign=psf_combo_share_initial&utm_term=psf_combo_share_initial&recruited_by_id=28c25cf0-1db3-0130-a623-38ac6f16cbb1&fbclid=IwAR17hj8geP6YSlLm6OEVwaltmbOw9eQd0FR6OPRdf-8eZa1b5fhyZ33QWgw

(1)外国人技能実習制度の即時廃止
(2)労働者としての権利保障

現在、日本にはおよそ40万人もの技能実習生が働いていますが、彼ら・彼女らが働く職場ではあらゆる違法行為・人権侵害行為がまかり通っています。厚生労働省の報告で、立ち入り調査をしたうち7割の事業所で労働法違反等が見つかるという調査結果も出ています。過酷な労働環境から逃れるために失踪する技能実習生も多く、その数は8,796人(2019年)にも及びます。POSSEにも、職場で賃金不払いやセクハラやパワハラ・マタハラといった違法行為や過酷な人権侵害を受けた技能実習生、失踪した実習生からの相談が相次いでいます。こんなにも技能実習生の働く現場で違法行為・人権侵害がまかり通っている背景には、技能実習制度の下で権利行使が著しく制限され、奴隷のような立場に置かれていることが主な要因です。


 まず、技能実習制度では、実習生は原則として転職を認められていません。職場で違法行為が起きた場合には、例外的に転職が認められることになっていますが、そもそも違法行為を立証することは非常に困難なうえ、立証できたとしても監理団体が転職の要望に応じないことが大半です。そのため、実習生は職場の違法行為を我慢して働き続けるか、職場から逃げて「失踪」するかという究極の選択を迫られています。


 さらには、ほとんどの技能実習生は多額の借金を負わされて日本に来ています。制度上、技能実習生は来日前に送り出し機関に登録し一定期間研修を受ける必要があり、その手数料は50万円から100万円におよび、実習生が母国で一年以上働いてやっと払える額に相当します。この多額の借金は、実習生に対して脅しの材料として使われています。実際、職場の権利侵害に対し声を上げようとすると「強制帰国させるぞ」「借金を一括で返してもらう」と脅されて何もできなかったという相談はたくさんあります。


 このように、借金を負わせ、転職を禁止する技能実習制度そのものが実習生から声を奪い、労働法上の権利行使を困難にしている実態があります。前借金や転職の制限によって過酷な労働環境であっても、辞めることも声を上げることも困難にさせている技能実習制度はまさしく「現代奴隷制度」です。今日本は、国を上げて、奴隷制度を容認しているといえます。


このような外国人を奴隷にする技能実習制度は今すぐ廃止する必要があります。私たちの生活に欠かせない衣食住やケア産業の領域が実習生の労働によって支えられている今、「実習生として」ではなく労働者として権利を保障すべきです。私たちの力で、技能実習制度を廃止にし、実習生が労働者としての権利を保障され、差別のない社会を作っていきましょう。皆さん、署名への協力と拡散をお願いします。

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/29882406
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2022-03-30 06:49 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback