人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

経済安保法案=現代の「国家総動員法」成立 れいわ新選組と日本共産党のみ反対


経済安保法案=現代の「国家総動員法」成立
れいわ新選組と日本共産党のみ反対。
1990年代からの新自由主義グローバリズム
野放図すぎた。
日本の生産能力を破壊。
労働者の給料も上がらない。
広島県も県費で企業の海外進出を応援した時代。
まさにオウンゴールの時代だった。
企業はそういう方向性に乗っかっただけ。
経済安保法は
羮に懲りて膾を吹く感が強い。
惨事に便乗して軍産複合体の感もある。
罰則までもうけて企業を統制するのには違和感しかない。
今までの野放図な新自由主義グローバリズム応援の総括がない。
企業が変更を迫られても補償はない。
【共同声明】
経済安保法案=現代の「国家総動員法」を廃案に
参議院の審議でますます明らかになってきた科学技術・経済の軍事的再編の意図
1.政省令委任個所だけで138
 経済安保推進法案の最大の特徴は、法の根幹にかかわる「経済安全保障」そのものに定義がなく、多くの重要概念や基本的事項が政令と省令と政府の決める1つの「基本方針」と4つの「基本指針」に丸投げされ、規制される内容が法律だけを見ても皆目見当がつかないことである。政省令委任個所だけで138という異常な多さであり、この点は戦前の戦争遂行体制を法的に支えた「国家総動員法」に酷似した性格を持っている。
2.最大の問題は官民連携による軍事にも使える研究の推進
 経済安保法案の4本の柱の中には、先端的な重要技術の研究開発について官民協力を強めるとして、総理大臣をトップとする官民協議会をつくり、さらに100名の研究者を集めるシンクタンクを作るとある。
 4月19日の参議院内閣委員会での小沼巧議員(立憲)の質問に対する回答の中で、このような施策との関連で、経済安全保障重要技術育成プログラムに2500億円の基金が積まれており、財政当局との間では5000億円までこれを増やしていくことを合意していると説明している。軍事研究に否定的な日本学術会議の予算はわずか10億円で、それすら菅政権以降に削減されていることと比較すれば、大変な大盤振る舞いである。
 福島みずほ議員(社民)は、19日の内閣委員会の質疑で、「この官民協議会では軍事研究も行うのか」と質問した。これに対して、小林鷹之担当大臣は何度も「この法案の枠組みによって、防衛分野のみの利活用を目的とする技術の開発を行うものではありません」と答えて、質問をはぐらかそうとした。しかし、何度も念を押され、小林大臣は最後に「こうした成果が防衛省の判断で、防衛装備品に活用されることはあり得る」と答弁をせざるを得なくなったのである。この法案が軍事目的の科学技術研究の推進も目的としていることが明確となった。
3.大がかりな「軍産学複合体」がつくられる
 官民協議会は、総理大臣と協議し、研究開発担当大臣と政府関係者や研究者らで構成される。政府が重視する先端技術を「特定重要技術」と位置づけ、資金面で支援することとされている。この協議会に防衛省が参加する可能性を政府は認めている。
 また、設立されるシンクタンクには学位授与機能を持たせることも検討していることを政府は認めた。ユネスコの「科学及び科学研究者に関する勧告」は、「軍民両用に当たる場合には、科学研究者は、良心に従って当該事業から身を引く権利を有し、並びにこれらの懸念について自由に意見を表明し、及び報告する権利及び責任を有する」と定めている。このような科学技術者の権利がどのように実効性をもって保証されるのか、政府は説明していない。
4.企業版の秘密保護法である
 また、多くの罰則が定められている。公安調査庁、公安警察、内閣情報調査室等による科学技術者に対する監視が強化され、関連する企業や研究者・技術者、市民の活動の自由が抑制される危険性がある(1年以下の罰金第62条、63条、64条等、第73,74,83条等;2年以下の懲役、100万円以下の罰金)(第67,70,73,77,78,80等;1年以下の懲役または50万円以下の罰金)(第84条等;30万円以下の罰金)。
 このような罰則による規制により、若い研究者を軍事技術分野の研究に囲い込み、守秘義務を課して転職を困難にしてしまうのではないか、また、若い研究者の海外流出が加速し、学問研究の発展が阻害されるのではないかとの懸念も指摘されている。
5.「外部」とは何か
 また、重要物資の安定確保のためのサプライチェーンの強化やサイバー攻撃に備えた基幹インフラの事前審査については、「外部への依存」「外部からの妨害」などの概念が法案に使われている。この「外部」とは何を指すのか、定義がない。「日本の外部の国々全体を指すのか」という質問に対しては、「そうではない」と政府は答えた。「それでは中国は外部で、アメリカは外部ではないのか」と質問すると、小林大臣は「外部というのはいかなる国が対象となり得るかについて予断を持ってお答えすることは困難です」「いずれにしても、この法案は特定の国を念頭に置いたものではありません」と答え、完全に質問をはぐらかしている。
 しかし、この法案が成立すれば、中国のIT企業が研究開発した技術を社内のシステムに用いている企業に対して、その見直しが迫られる可能性があり、しかも、その場合の費用の補償はなされない。中国との貿易自体が大幅に制限される可能性もあり、日本経済への影響は計り知れない。企業の自由な経済活動に対して大幅な制限が課され、経営に重大な影響を与えかねない条項であるのに、意味内容が不明なままで法案の審議が進められている。
6.「経済安保」を旗印にすでにえん罪が起きている
 また、田村智子議員(共産)は、法案審議において、横浜市の機械製造会社「大川原化工機」の幹部ら3人が、軍事転用が可能な噴霧乾燥機を無許可で輸出したとして逮捕・起訴され、その後に起訴が取り消された冤罪事件を取り上げた。
 田村議員は、この冤罪事件を、経済安保の名の下での規制強化が引き起こした事件として、政府の見解を尋ねた。小林大臣は「コメントは控えたい」とした上で、「不当に企業の活動への規制、監視を広げることがあってはならない」との認識を示すにとどまった。この法案の中では、同様の悲劇を防ぐための実効的な対策は講じられていない。
7.平和憲法を掘り崩す経済安保法案に異議あり
 経済安保法案については、福島みずほ議員がその質問で指摘したように、「軍事研究につながり得るということで、戦後の日本のあり方を百八十度変えるものではないか、つまり政府が先頭に立って軍事研究も可能な先端技術の開発に予算を投じ、開発を促進させるということの問題点を強く指摘」せざるを得ない。
 このような国の経済政策や、安全保障政策の根幹を揺るがすような法案が、大半の内容を政府に丸投げする形で提案されている。立憲野党は、この問題点を市民の前に明らかにする義務がある。そして、法案の廃案あるいは抜本的な見直しを迫るべきである。
2022年4月26日    
経済安保法案に異議ありキャンペーン
デジタル監視社会に反対する法律家ネットワーク
[連絡先] 090-6185-4407(杉原)  03-3341-3133(東京共同法律事務所・海渡)
トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/29944858
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2022-05-11 21:51 | 参院選2022 | Trackback