人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

第53回さとうしゅういち オンライン定例会見  5月13日(金)20時~・AV業界に有利なAV新法に反対する緊急アクション・公務非正規アンケート

第53回さとうしゅういち オンライン定例会見 
5月13日(金)20時~
Zoomミーティングに参加する
https://us04web.zoom.us/j/4117183285?pwd=bFhrcTlWOUpPRmZhUGFkTVpTZlV4Zz09
ミーティングID: 411 718 3285
パスコード: 5N6b38
入退室自由です!お気軽にお立ち寄りくださいませ!

参院選広島2022に向けた活動について
今後の予定について
5月14日(土)いかそう憲法25条プロジェクト
5月15日(日)
全国一斉行動
さとう 8時~8時45分 海田市駅前スタンディング
        チーム広島 
10時から11時半 アストラムライン本通駅前
5月16日(月)10時~呉市街頭宣伝 挨拶回り
5月21日(土) 10時~府中市 ひろしま女性大学福山校同窓会

 参院選ヘ向けた取り組みへのご支援お願い申し上げます。
  郵便振替口座01330-0-49219 さとうしゅういちネット
※今回の参院選広島2022を見送った場合には広島県議選2023への取り組みに回させていただきます。

 【緊急拡散!】AV業界に有利なAV新法に反対する緊急アクションへの呼びかけ
「AV業界に有利なAV新法に反対する緊急アクション」に、下記のフォームから賛同することができます。


https://forms.gle/2MTpVpQhda1gv7YH7



AVに関する新法が、今国会でとんでもないスケジュールで通されようとしていま
す。
自民党による骨子案では、その内容が業者にとって大変都合がよく、このままでは売春防止法にも反する「性交」を金銭取引の対象にすることを法的に認め、国家的に認められた AVが誕生することになります。
もともとは成人年齢引き下げに伴い、18、19歳の契約の取消権を求める被害当事者や支援団体の声に応えて検討が始まったものですが、いつのまにか業者側に都合の良いものになり、通されようとしています。
この動きに気づいた民間支援団体につながる方がヒアリングの場を設けるように働きかけ、5月9日に与党と各党の実務者会議に民間団体が呼ばれました。これが、最初で最後のヒアリングでした。
ヒアリングには AV業界団体も呼ばれており、「AV出演強要は一件もなか った」など、被害当事者や支援団体の見ている現実とは全く違う主張をしていました。
また、「AV は 3000 億円の市場であり、厳しい法規制がかかると、AV 業界がつぶれ、それだけの市場が海外に流れることになるかもしれない。AV は大企業でありビジネスとしてやっている。業界で「稼げた」という人は最低でも1 億円は稼いでおり、スカウトも2千万円 は稼いでいる」などとAV 業界の実態を紹介し、「人権」ではなく「ビジネス」の問題として主張しています。
AV業界団体は、性搾取をビジネスとして正当化するための「自主規制」を行っており、この新法は、それを参考にして作られています。
民間支援団体 6 団体で要望書を届け、このままでは到底受け入れられないことを伝えましたが、世論の後押しがなければこのまま新法が成立してしまいそうです。 被害の実態もよく知られないまま、ほとんど議論されないままに突然でてきたこの法律では、さまざまな点で、業者や消費者たちに都合の良いものとなっています。
私たちは、この法案のまま新法ができることのメリットは一つもなく、ますます性搾取を深刻化させると考えています。 このまま新法が成立しても、被害者救済につながらないどころか、被害を拡大し、さらなる女性差別や人権侵害が生じることにつながります。
このように性搾取を正当化する法律の強行を止めるためには、私たち市民が反対の声をあげることが必要です。
なんと、今月中には衆議院を通過させるスケジュールで動いています。時間がありません。
以下の緊急アクションを有志で企画しました。
一緒に声をあげましょう!

【AV 業界に有利な AV 新法に反対する緊急アクション】
5 月 22 日(日) 17 時半?新宿東口広場にて
当日は紫のものを身に着けて集まりましょう!

【呼びかけ人(順不同)】
北原 みのり(NPO 法人ぱっぷす 副理事長)
仁藤 夢乃(一般社団法人 Colabo 代表理事)
角田 由紀子(弁護士)
石川 優実(俳優・アクティビスト)
小川 たまか(ライター)
菱山 南帆子(市民運動家)
太田 啓子(弁護士)
辛 淑玉(人材育成コンサルタント)
山田 不二子(認定 NPO 法人チャイルドファーストジャパン 理事長)
郡司 真子(AV 出演対策委員会)
宮子 あずさ(看護師・コラムニスト)
小野沢 あかね(立教大学教員)
阿部 真紀(認定 NPO 法人エンパワメントかながわ 理事長)
金 富子(東京外国語大学)
黒澤 いつき(明日の自由を守る若手弁護士の会)
梁 澄子(希望のたね基金 代表理事)
甲斐田 万智子(認定 NPO 法人国際子ども権利センター(シーライツ ) 代表理事)

#AV新法に反対します」で、SNS でも反対の声をあげましょう!
AV 業界に有利なAV 新法に反対する緊急アクションTwitter → @StopAVlaw

+++はむねっと、今年もアンケートを実施しています++++++++++
https://nrwwu.com/survey-2/1690/

2021年3月にできた公務非正規女性全国ネットワーク(はむねっと)からの呼びかけです。

はむねっとは、2021年4月30日~6月4日に、「公務非正規労働従事者緊急アンケート」を実施しました。このアンケートは、公務非正規の生の声を集めた調査として大きな反響を呼びました。その後、はむねっとでは、回答者の8割を占めた会計年度任用職員に関わる課題をまとめ、総務省や人事委員会へ「会計年度任用職員制度について見直してください」と要望し届ける等の活動を行ってきました。

しかし、状況改善の兆しが見えないまま、今年は、早くも、制度開始から3年目の、大きな問題を抱えた年度を迎えています。はむねっとでは、HPに「3年目公募問題」特集ページをつくり、今年度末に起こることが予想される全国での大量「雇止め/公募」問題への注意喚起を行っています。
https://nrwwu.com/topics/1651/

加えて、この一年、私たちは、まだまだ、全国に、埋もれている声があると感じてきました。また、調査をやっていたのであれば、答えたかったという声もたくさんいただきました。そのため、私たちは、あらためて、全国の公務現場で働く非正規にとって、いま、何が切実な問題なのか、求めていることは何なのかを、明らかにしていこうと、再び、みなさんの声を集めるプロジェクトを実施することにしました。

昨年ご回答いただいた方も、そうでない方も、是非、声をお寄せください。公務非正規として働くわたしたちの声を社会に届けていきましょう。みなさんの声をお待ちしています。

今年は、7月に参議院議員選挙が予定されています。はむねっとでは、現在、各政党に向けた公開アンケートも実施しています。公務非正規問題への注目を集めていきましょう。政党アンケートの結果にも、ご注目ください。

今回実施するアンケートの結果は、個人の特定ができないように集計し、6月末を目途に、ホームページで公表し、広く発信していきます。
みなさんの声・経験をどうぞお寄せください。また、周りの方々にも回答を呼びかけていただけると幸いです。

★アンケート入力フォーム
https://forms.gle/xt1SAXxYx9bYkx1YA

■対象者:現在、非正規で公務労働に従事している方(既に退職された場合でも、2020年4月から2022年3月の間に在職されていた方を含みます。大学等独立行政法人は民間となっていますので、残念ながら含まれません。)
■回答締切:2022年6月3日(金) 23:59まで
■実施団体:公務非正規女性全国ネットワーク(はむねっと)
■ホームページ:https://nrwwu.com/
■本アンケートに関する問い合わせ先 メール hiseiki.koumu@gmail.com

ここまで

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/29945078
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2022-05-12 07:34 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback