人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004

さとうしゅういちとれいわ新選組 5月下旬の予定


5月20日金曜日、日本共産党広島県委員会を訪問。村上県委員長に丁寧にご対応いただきました。
参院選広島において、わたしが立候補を取り止めるとともに、中村孝江候補を支援すると伝達。また、個人間の政策協定の締結、そして政治改革・選挙制度改革の提言もあわせて行いました。
参院選広島は、改選数2。
このまま、自民党の高級官僚出身世襲現職と憲法改悪や新自由主義、原発を自民党同様推進する国民民主党やいわゆる労働貴族丸抱えのタレント新人の2議席独占にするのは広島の恥です。
石にかじりついても、きちんと憲法をいかし、新自由主義に対抗するとともに島根原発再稼働NO含む脱原発の国会議員を一人は出します。

石にかじりついてでも、広島での世襲高級官僚自民と労働貴族系による2議席独占は阻止する!
参考
そのための最適な行動をとるということです。

世襲高級官僚自民
地方こわし
介護職員や非正規公務員の低賃金などふくむ差別を拡大
社会保障につかうといって消費税をだましとる。
原発を推進

労働貴族系
県政では自民と一緒に新自由主義推進。自民党以上に公費で海外旅行し放題の人も。
介護や保育などのケア労働者、非正規公務員、あるいは組合のある企業でも起きた女性差別など放置。
場合によっては自民党以上に原発推進。

比例区では新自由主義にガツンと対抗し、脱原発をすすめる市民政党の「れいわ新選組」を全面支援

街宣予定など 変更や追加あり
5/21 土曜日
14時 尾道駅前
15時30分 三原イオン前

5/24 火曜日 予定 変更あり
8時  安佐南区古市橋駅前
あいさつまわり
10時(予定) 祇園出張所前
横川駅前など

リアル記者会見の可能性あり

5/31 火曜日
街宣WITH 辻めぐむ弁護士
広島市中心部
安佐南区
古市橋駅前 他
お会いしましょう!

参院選を前にした取り組みへのご支援お願い申し上げます。
  郵便振替口座01330-0-49219 さとうしゅういちネット

ただし、参院選広島2022立候補見送りの場合は、いただいたご寄付は、県議選2023用の費用に回します。
ご理解とご支援のほどよろしくお願い申し上げます!




第54回さとうしゅういち オンライン定例会見 
5月20日(金)20時~
Zoomミーティングに参加する
https://us04web.zoom.us/j/4117183285?pwd=bFhrcTlWOUpPRmZhUGFkTVpTZlV4Zz09
ミーティングID: 411 718 3285
パスコード: 5N6b38
入退室自由です! お気軽にお立ち寄りください




22022年 月 日

参議院議員選挙広島県選挙区立候補予定者 中村 孝江 様

                参院広島再選挙立候補者 佐藤 周一

                090-3171-4437                

                広島市安佐南区中筋

                hiroseto2004@yahoo.co.jp

参院選における政策協定締結の申し入れについて

日頃からのあなたのご活躍に心から敬意を表します。

 さて、2022年7月10日執行予定の参議院議員選挙を前に、自民党はロシアのウクライナ侵攻や新型コロナウイルス災害を口実に緊急事態条項導入などの改憲に前のめりになっています。さらに、自民党の突撃隊ともいえる日本維新の会や補完勢力の国民民主党が改憲をあおり立てています。安倍政権時代のコロナ対応や水害対応をみても、緊急事態条項が導入されても、日本政府の危機管理能力が向上するとはおもえず、日本の独裁国家化を招くだけになりかねません。

いっぽう、人々のくらしは、新型コロナウイルス災害前から長年の新自由主義政策でいためつけられ、コロナが追い打ちをかけ、ロシアのウクライナ侵攻が加速する輸入物価上昇が追い打ちをかけています。岸田政権は最初こそ新自由主義脱却を掲げたものの、ふたをあければ中身がほとんどありません。また、県内では、この20年間、全国でも異常なレベルで市町村合併が進み、公務員数も大きく減らされました。その結果、人口の社会減が全国最悪レベルになっています。広島県内は全国でも新自由主義の先頭を切っています。

ロシアのウクライナ侵攻では、プーチン大統領が核兵器による威嚇をおこないました。核兵器の独占を認められている5大国の指導者は理性が一定程度あるという、NPT体制の前提が崩れました。核兵器禁止条約をねばりつよく広げるしか人類が生き延びる道はありません。しかし、安倍晋三さんや維新などが核共有論をぶちあげ、岸田政権も先制攻撃能力の保持を検討しています。これらは、緊張をさらにむしろ高めることになります。

また、今回の侵攻では原発が戦場となり、人類は滅亡の瀬戸際にあります。日本でも世界でも、原発こそ一番の安全保障の弱点です。また、県内では、中国電力が4月17日に太陽光発電などの余剰で出力調整をおこなっています。いまこそ、蓄電池の整備やスマートグリッドなどグリーンニューディール政策の出番です。しかし、与党や維新からは原発推進の声が強まり、中国電力が島根原発再稼働に突き進んでいます。

また、黒い雨裁判ででは国は高裁判決を受け入れましたが、出してきた救済策は、十二疾病以外の黒い雨被害者や長崎の被害者を切り捨てるものであり、判決の趣旨を踏みにじるものです。

 さて、県内の政治状況を鑑みると、衆院選2021では広島県内、とくに被爆地広島市に関連する4つの小選挙区では自民党・公明党が勝利し、維新も比例復活で議席を得ました。他方でいわゆる立憲野党は全滅状態で、3区では統一候補が前回に比べても票を減らしてしまいました。政策論争ではなく、いわゆる組織票が選挙を左右する傾向が、あの河井事件前と比べても残念ながら強まっています。また、野党側でも小選挙区制の中で、いわゆる野党共闘を求める勢いあまって、政策論争が軽んじられているのではないでしょうか?

 さて、今回の参院選広島県選挙区においては、改選2議席を自民党の高級官僚出身の現職と、立憲民主党と改憲に前のめりの国民民主党がいわば野合した形で推す新人がすんなり独占してしまうことが強く懸念されます。

このままでは、政策論争は盛り上がらず、

1. 自民党や維新・国民などによる改憲をゆるさず、憲法をいかす立場

2. 新自由主義を脱却し、暮らしを立て直す立場

3. 核兵器も原発もない社会をつくり、すべてのヒバクシャを救済していく立場

でガツンとモノをもうす国会議員が広島にいない状態が続きます。

今回の参院選広島県選挙区では、現時点では、あなたとわたしが上記1-3の立場でガツンと物申すスタンスで立候補を予定している状況です。

こうした中で比例区ではそれぞれの所属政党の健闘に最大限、尽力しつつも、世界最初の戦争による被爆地でもある広島県選挙区において、石にかじりついてでも、1-3の立場の当選者を出す必要があります。

そのため、わたしは、別紙案による政策協定をあなたとわたしが結んだ上で、わたしは立候補をとりやめ、あなたの当選に全力をつくすことを提案します。

また、お金や組織中心で政策論争を軽視する広島、そして日本の政治や選挙をめぐる風土を打破するため、別紙の政策を提言します。

最後になりますが、あなたの必勝を心からお祈り申し上げます。


政 策 協 定 書

参院選広島選挙区立候補者 中村孝江(以下、甲)と、

参院選広島再選挙立候補者 佐藤周一(以下、乙)は、

協力して以下のことを実現する。

1. 自民党およびその補完勢力等による改憲のたくらみをゆるさず、現行憲法をいかす。

とくに、先制攻撃能力含む軍拡路線に反対し、外交努力を通じた緊張緩和を粘り強く行うこと。

とくに、緊急事態条項導入ではなく、防災・被災者支援や感染症対策を具体的に充実させていくこと。

2. 経済政策を新自由主義路線から転換し、憲法25条に基づいてひとびとのくらしをたてなおす。

とくに新型コロナと輸入物価上昇で打撃を受けているくらしや中小小規模事業者への大胆な支援を行うこと。

とくに福祉・医療・教育・住まい・防災などの予算を増やすとともに、現場をになう職員を十分な労働条件で充実させること。

3. 核兵器も原発もない世界をつくり、すべてのヒバクシャを救済する。

とくに核兵器禁止条約加入を進めるとともに、「黒い雨」裁判高裁判決を政府に完全実施させること。

とくに島根原発ふくむ原発再稼働や上関原発新設を阻止し、原発ゼロの気候変動対策を進めること。

乙は参院選広島選挙区において、甲の勝利のために全力をつくし、甲は参議院において1-3の政策の実現に全力をつくす。

2022年  月  日

参院選広島選挙区立候補者 中村 孝江  印

参院選広島再選挙立候補者 佐藤 周一  印


政 策 提 言 書

参院議員広島県選出議員再選挙立候補者 佐藤周一は、第26回参議院議員通常選挙広島県選挙区において、中村孝江候補を支持するとともに、以下の政策提言を行う。

1,政党交付金は廃止も含めた抜本的な改革を行う。

河井事件の原資となったとされる1.5億円のうちの8割を占めるとされる政党交付金は、投票率も低迷する中で違憲の疑いも濃い。さらに、使い放題であり、問題が多い制度である。いまの政党交付金制度はいったん廃止も含めた抜本的な改革を行う。ノルウェーでは、すべて政党の支出はクレジット決済ちなっている。こうしたことも参考にする。

2.国会議員による地方議員への金配りは明文で禁止する。

 河井元被告人による地方議員への金配りは論外だが、自民党で広く行われている「地方議員への政治献金」の形をとった金配りも「脱法的買収」である上に、地方議員の国への従属を進めるものであり明文で禁止する。

3.小選挙区制は廃止し、ノルウェーを参考とした比例区中心の選挙制度とする

 小選挙区中心の現行選挙制度は死票を増やす上に有権者の選択肢を狭めるものである。また、公認の権限をもつ政党の党首、とくに自民党総裁である総理大臣の権力が強まり、自民党にも覇気のない議員が増えている。また、世界的にみても、小選挙区制よりは比例代表制のほうが、女性議員比率も高い傾向がある。ジェンダー平等を進める上でも比例区中心の選挙制度とする。また、ノルウェーのような、議員が職務を遂行できない場合に名簿の次点者を代理議員とする制度をつくり、女性も手をあげやすくする。

4.供託金は引き下げ、お金がなくても堂々と参加できる政治にする

 参院選選挙区の場合は供託金が300万円かかる。これでは被選挙権を財産で制限する事実上の制限選挙であり、本当の民主主義国家とはいえない。とくに女性は立候補しにくくなっている。候補者が乱立する懸念があるというが、それならば、公開討論会を選管の主催で行い、有権者が政策や政治姿勢を見極めればよいだけである。

5.企業・団体献金を禁止する

 例えば、原発ゼロには多くの有権者が賛同していても、与党も野党の一部も含めて政治家は原発推進の企業や団体を向いてしまう現状がある。このようになる背景には企業・団体献金がある。そもそも、企業献金は効果があれば贈収賄、なければ背任罪である。企業団体献金は廃止する。

6.「べからず選挙」の公選法を抜本改正する

 いわゆる選挙戦はすでに始まっていても、告示前に投票依頼をすると違法になる。一方で告示後は政治活動が制限される。そもそも、現行の公選法は戦前の治安維持法の残滓である。民主主義国家としてふさわしいものとはいいがたい。有権者が情報を手に入れやすくするためにも、公選法を抜本改正する。

7.「宴会本位政治」を一掃する

総務省疑獄事件でもみられたように、日本では男性のえらいひとや、女性でも山田前広報官のような「断らない人」が夜中の料亭で物事を決めてしまう悪弊が根強い。宴会に参加しづらい女性や男性でも若手の声が反映されにくくなる。組織内のコミュニケーションが必要ならランチでもお茶会でもいい。宴会本位政治とは決別する。

8.いわゆる「ブラック校則」は廃止し、生徒と先生・保護者で民主的に話し合って新しいルールを決める。

 日本では平社員としては有能になる教育がメインであり、主権者としての教育は十分ではない。いわゆるブラック校則を廃止し、生徒と先生・保護者で民主的に話し合って新しいルールを決めるよう促す。このことを通じて、民主主義国家の主権者として強い有権者を育てることになる。


トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/29952659
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2022-05-20 20:00 | 参院選2022 | Trackback