人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エコでフェアでピースな世界をヒロシマから国政へ!成長戦略から成熟戦略。誰もが置きざりにされない社会を。核兵器も原発もない世界を。役人からヘルパーへ。庶民増税より格差是正。ヒロシマの心活かす市民発・政界再編。


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

山上被疑者は基本は自民党支持だったが、珍しく自分で考えてガツンと行動するタイプ

山上被疑者は基本、自民党支持だったが、珍しく自分で考えてガツンと行動するタイプ

山上徹也被疑者は、過去のTwitterの投稿を拝見した限り、政治的スタンスは、統一教会・自民党の新自由主義者・家族主義者と親和性はあるように見える。
ただ、多くの自民党支持者と違うことは、大勢順応ではなく、かなり自分で考えていること。そのうえで今回、ガツン!と行動していること。
自民党支持だった人が、自分で考えて、その上でガツン!と行動しだしたらどうなるのか?
これがいわゆる左派だったら市民運動や共産党・立憲民主党・れいわ新選組などの政治運動にせよ、1970年代の全共闘や赤軍派のような武力革命運動にせよ、一定徒党を組んでの行動になるだろう。

しかし、自民党支持者の場合はそうならない。自己責任論を根底にしてきた。

その一つの答えの一つが山上被疑者による安倍晋三さん暗殺(韓鶴子教祖暗殺の身代わり)ではないだろうか?

自民党支持者の中で、山上被疑者という自分で考えて行動する人が、自民党支持者の圧倒的大多数の大勢順応派が担ぐ安倍さんを暗殺するという結果になったということだ。

別にこれは、驚くべきことではない。戦前も、軍人同士で起きている。例えば、単独で突っ走る傾向のあった相澤三郎中佐が、2・26事件(それなりに組織的に行われた行動)の前年に、上役の永田鉄山少将を惨殺するという事件を起こしている。

少なくとも、「反安倍・左翼」が山上被疑者をあおった、という一部安倍支持者の方々の議論は成り立たない。あえて言えば、「自己責任」の自民党イデオロギーを内面化しつつ、しかし、そういう人には珍しく、自分で考えて行動する人だったからこそ、ああいう事件を起こしてしまったのだろう。内面化した自己責任イデオロギーが、安倍暗殺という間違った手段に走ってしまった。

むしろ、自民党イデオロギーを「内面化」しつつ自分で考えて突っ走るタイプの人間による暴走、21世紀の相澤事件に近い、といえるかもしれない。

トラックバックURL : https://hiroseto.exblog.jp/tb/30029361
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hiroseto2004 | 2022-07-19 20:46 | 7・8事件 | Trackback