人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

県教委「官製談合」報道 NPOとのやり取り確認 外部調査へ

最初に問題ない、と言ってしまったのが失敗でしたね。教育長様。


県教委「官製談合」報道 NPOとのやり取り確認 外部調査へ|NHK 広島県のニュース
広島県教育委員会の事業をめぐって、教育委員会の職員が教育長と親交のある京都市のNPO法人と事前に価格を調整し官製談合の疑いがあると報じられたことを受けて、平川理恵教育長は県議会の委員会で、NPO法人とのやり取りが確認されたとして来週中にも外部の専門家に依頼し法的な評価を含めた調査を開始することを明らかにしました。

広島県教育委員会は、高校生の課外学習を委託する今年度の事業について、概要や予算を示した提案を募る方式で募集し、唯一、応募した京都市のNPO法人がおよそ760万円で受注しました。
この事業について、週刊文春は教育委員会の職員が平川理恵教育長と親交があるNPO法人と事前に価格を調整したとして、官製談合の疑いがあると報じています。
平川教育長は14日開かれた県議会の文教委員会で、「教育委員会において事実確認等の調査を行ってきたが、予算額や仕様の内容についてNPO法人の職員とのやり取りがあることが確認された」と説明しました。
その上で、「専門的知見のある弁護士に相談した結果、この件に適切に対応するためには確認されたやりとりを含む一連の経緯に関する事実の調査と調査結果に基づく法的評価を外部の専門家に依頼することが適切だとご意見を伺った」と述べ、来週中にも外部の専門家に依頼して調査を開始することを明らかにしました。

by hiroseto2004 | 2022-09-14 17:14 | 広島県政(広島県議会) | Trackback