人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004

多選の知事、チェック機能喪失の議会にガツン!


知事 湯崎英彦さん
2009年
2021年 四選
当初は県民との合意重視・のはずだった。
鞆の浦問題の埋め立て架橋→トンネルへの変更など
しかし
・高速道路二葉山トンネル問題
「住民に犠牲を強いてまで工事はしない」
はずが、トラブル続出も木で鼻を括る対応
・広島県農業ジーンバンク 
農業関係者に相談もなく突然廃止を決定。
一方的な説明だけ。
・教育長の官製談合事件
 外部調査で違法が認定された今も教育長居座り。知事は教育長を罷免すべきだがその気配すらなし。
 京都や大阪のNPOや会社にはお金を流すけど、非正規の先生1000人以上、授業が成り立たない県内公立学校の現状に「予算がない」と木で鼻を括る教育長。
・日本で二番目に多い安定型産廃処分場。甘すぎる規制。
・子ども医療費補助、全国でも最低レベル(就学前まで、長崎などは高校生まで。)
・自民、公明、国民、立憲の県議は全く知事・教育長へのチェック機能果たせず。
 現職県議らの緊張感皆無。県民をなめ切っている。
 緊張感のない現職が打倒されることで、緊張感が出てくる。

by hiroseto2004 | 2023-01-14 22:17 | 統一地方選2023 | Trackback