人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004
カレンダー

広島瀬戸内新聞ニュース号外 三原本郷産廃問題、ここ一週間正念場 知事に舐められない県民を!

https://youtu.be/SKhPaFmNl9I
三原本郷産廃問題ここ1週間正念場
裁判の控訴期限は7月19日(水)。
産廃処理場から基準超の水検出 県が行政指導
原告住民側は要望活動。
広島県知事 湯崎英彦様
広島県議会議長 中本隆志様
三原市長 岡田吉弘様
三原市議会議長 岡本純祥様
本郷産廃処分場【広島三原@民間産廃】
昨日と今日の要望書提出の内容。
1、処分場許可の取り消しを求める。
2、処分場土地の買取りを求める。
3、水質改善を求める。
4、条例制定を求める。
署名にご協力を!
バックの県民の皆様の数が多ければ多いほど、効果はあります。
知事になめられない県民を!
現状
県民をなめている知事
県行政をなめきっている産廃業者、平川教育長、怪しげな?県外業者
汚染される水。
苦しむ県民。
振り回される教員含む庶民公務員。
広島を食い物にするこの構造をひっくり返さないと大変なことに。
水や食べ物は汚染され、広島はゴーストタウンに。
知事に舐められない県民→産廃業者や怪しげな?県外事業者に舐められない知事・県行政
広島瀬戸内新聞は,
広島とあなたを守る大改革 あなたの手に政治を取り戻し、広島の水と食べ物、福祉・介護・医療、教育、住まい、交通、そして働くあなたを守る「ヒロシマ庶民革命」を2025県知事選を前に呼び掛けています。
我こそは県知事に立候補したいという方
ご連絡ください。
090-3171-4437

by hiroseto2004 | 2023-07-11 07:42 | 広島県政(広島県議会) | Trackback