人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

週刊広島瀬戸内新聞ニュース 8/12 □地方自治「ええかっこしい、実はパワハラ」渋谷・長谷部区政と広島・湯崎県政

https://youtu.be/-sUfkMjLuvM
週刊広島瀬戸内新聞ニュース 8/12 □地方自治「ええかっこしい、実はパワハラ」渋谷・長谷部区政と広島・湯崎県政_e0094315_21161754.png
□「ええかっこしい、中身はパワハラ」渋谷区政と広島県政
東京都渋谷区。わたしが世田谷区在住の幼少期は、よく、親に渋谷に連れて行ってもらった。その後、大学時代の前半も通学路に当たり、よく大学から渋谷のカラオケまで友人と歩いたりしたものだった。
その渋谷区の副区長が暴言で退陣した。
渋谷区は、いわゆる無所属市民派の長谷部健区長が3期目を務めておられる。同性パートナーシップ条例を全国に先駆けてつくったくらいだから、自民とか維新とか国民とはこの点は異なる。
長谷部区長支持の区議会会派は男性3,女性5という構成である。
一見するとジェンダー平等・多様性尊重の素晴らしい区政に
見える。
ところが、その長谷部区長が任命した沢田副区長が、国民民主党の女性議員を侮辱するコメントを庁内ネットでしてしまい、8日、辞任した。
長谷部区長の博報堂時代の元上司で、意識高い系で有名な沢田副区長。マスコミには天まで持ち上げられて意気軒高だったが突然の失脚となった。
有頂天になったということはあるだろうが、それにしても酷い行動だ。
実は、渋谷区では、地域の清掃ボランティアをしていた男性が、バス停で夜を過ごしていた広島出身の野宿者の女性を邪魔者扱いして惨殺した上、自らも獄中で自死するという事件をおこしている。
長谷部区政が醸し出した雰囲気が、この男性の凶行と自死を招いたと言えないだろうか?
長谷部区政は、成功者の女性を持ち上げる一方で、格差拡大の中で苦しんでいる女性には冷たかった、あるいはそういうメッセージを区民に発していたのではないか?あるいは、ポリコレで先鋭化するあまり、保守的な女性に対しても見下すようなところはなかったか?
長谷部区政は野宿者が過ごしていた公園を企業の儲ける場所に変えてしまった。区の財政は潤ったのかもしれないが、そこから置きざりにされた人々がいなかったか?野宿者追い出しが、区民に、「邪魔者は消そう」的な気風を醸成してしまったのではないか?
渋谷区政は、はっきり言って、先鋭的なポリコレと、新自由主義のハイブリッドだったのではないか?
徹底的な検証が必要だ。
実は、長谷部区政は広島県政も他山の石とせねばならない。
広島県の湯崎英彦知事は、長谷部区長や沢田副区長と似たタイプの平川理恵教育長を初の女性教育長として任命した。
平川教育長は、マスコミが一時期は天まで持ち上げた。
ところが、実際には、平川教育長は、ご承知の通り、官製談合事件を引き起こした。しかし、自主的な給料返上だけを行い、いわゆる懲戒処分は全く受けていない。特別職には懲戒処分はないといえばそれまでだが、知事が罷免するという手があるが、それもしない。
県教委管轄だけで1000人以上いる非正規の先生の待遇改善を保守系の議員さえ求めていたのに、「予算がない」とけんもほろろに却下する。
湯崎英彦知事自身も、ええかっこしいだ。公立叡恵大学をつくったのはいいが、入学者が定員割れしている。
格好よさげなイメージだけ振りまいて、中身はボロボロ。
渋谷区の長谷部区長と広島県の湯崎知事。そっくりではないのか?
いや、沢田副区長を自発的とはいえ、退陣させた分だけ、長谷部区長の方がましだろう。長谷部区長の場合は、自民や公明や共産が野党として存在し、緊張関係が議会との間にあるのが幸いしている。広島の場合は、ほとんどオール与党である。広島の方が渋谷より始末に悪いだろう。
産廃問題でも県民の声をなめ切って無視し暴走する湯崎知事。知事に意見を送りましょう。以下は例文です。
広島県知事 湯崎英彦様
・三原市本郷産廃処分場に対する設置許可を取り消してください。
・お手盛りではないきちんとした水質調査を行い、水質の改善をしてください。
・業者から土地を買い上げ、水源を守ってください。
・環境配慮条例や水源地保全条例などを制定し、全国一緩い産廃規制を強化してください。
送り先(QRコードでも可)
県政提言メール(県への御意見) https://www.pref.hiroshima.lg.jp/・・・/19/1171540420003.html
郵便 〒730-8511 広島市中区基町10-52 広島県総務局広報課 県政提言コーナー 宛
電話 082-513-2378 ファックス 050-3156-3485

by hiroseto2004 | 2023-08-12 20:34 | 地方自治 | Trackback