人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

プロ野球選手会 不起訴処分の西武・山川に関して声明「客観的事実に基づく慎重なご対応を」和解金支払いなし、証拠認められず【全文】

不貞については、民法上の不法行為で、ご家族との間でけじめをつける話です。
ただ、外野がワーワー過剰に言うべきことでもないですね。

プロ野球選手会 不起訴処分の西武・山川に関して声明「客観的事実に基づく慎重なご対応を」和解金支払いなし、証拠認められず【全文】(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

 日本プロ野球選手会は30日、東京都内のホテルで知人女性に性的暴行をしたとして強制性交の疑いで書類送検されていたプロ野球西武の山川穂高内野手(31)が不起訴処分となったことを受け、メディアやファン、球団に対して客観的事実に基づく慎重な対応をするよう求めた。 日本プロ野球選手会・森忠仁事務局長が発表した談話は以下。 

「本日、当会会員である山川穂高選手(以下「本件選手」といいます)について、東京地方検察庁より、不起訴処分が出されました。不貞行為について特にご家族との関係で反省すべき点はあるものの、本件選手から相手方への和解金などの支払いはなく、相手方から警察に申告された事実関係について、相手方の言い分を認定する証拠は認められないとの判断がなされています。 当会は、これまで当会会員、そして将来の当会会員のためにも、このような騒動が発生した場合、何が客観的事実であり、何が選手本人に帰責されるべきなのか、慎重に検討の上、対応してきました。本件につきましては、これまで客観的事実に基づかないメディア報道、ソーシャルメディア投稿が続き、それに伴い本件選手に対する事実無根の誹謗中傷、本件選手が所属する埼玉西武ライオンズ球団や、更には親会社である西武グループにさえも、客観的根拠のないクレームが寄せられています。これまでの騒動は、専らこれらの客観的事実に基づかない一方的な言動によるものもあり、本件選手に騒動の責任の全てが課されるものではありません。 メディア、ファンの皆さま、埼玉西武ライオンズ球団におかれましては、今後、本件選手に対して東京地方検察庁より不起訴処分が出されたことを前提に、客観的事実に基づく慎重なご対応をいただくことを求めたく存じます。 選手寿命が限られているプロ野球選手にとっては1日1日が極めて貴重なものです。本件選手が再びグラウンドでプレーできるよう、静かに見守りいただきますようお願いいたします」 

山川は昨年11月、東京都港区のホテルで20代女性に性的な暴行をした疑いで5月23日に書類送検。警視庁は起訴を求める「厳重処分」ではなく、判断を検察に委ねる「相当処分」の意見を付けた。その後、東京地検は嫌疑不十分で不起訴処分とした。山川は5月12日に「コンディション調整」という理由で出場選手登録を外れ、その後は球団施設で3軍の練習に参加している。

by hiroseto2004 | 2023-08-30 18:43 | ジェンダー・人権(労働問題) | Trackback