人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

広島瀬戸内新聞ニュース号外10月3日『広島の追憶』/『県病院問題を考える会』が記者会見

https://youtu.be/0YqMkp_lEX4?si=ynmqeFFby6OW_h_P
広島瀬戸内新聞ニュース号外10月3日『広島の追憶』/『県病院問題を考える会』が記者会見_e0094315_00141705.jpg
『広島の追憶』
原爆投下後、子どもたちのそれからの物語
梓加依 著 鹿砦社 定価1500円+税
被爆地広島は戦後十二年経っていた。
 由美子、和也、進、裕は仲良し四人組の六年生だった。中学進学を控えてそれぞれの向かう道を話し合っていた。
 ところが思いもかけないことが次々と起こった。
 戦争が終わって八十年近く経った。今、平和な日本に生きる若いあなたたちへ伝えたい。あなたたちと同じ若者の遠いヒロシマの追憶の物語。そしてこれからの世界にこの悲劇が生まれないことを。


『県病院問題を考える会』が記者会見
広島県が進める広島都市圏の病院を再編してJR広島駅前に新しい拠点病院を整備する計画をめぐり、統合の対象となっている県立広島病院の存続を求める市民団体が記者会見し、病院を残した上で、今までどおりの医療体制を維持するべきだと訴えました。
広島県は広島都市圏の病院を再編して、JR広島病院、県立広島病院、中電病院、広島がん高精度放射線治療センターの4つの医療機関を統合し、JR広島駅前に新しい拠点病院を整備する計画を進めています。
こうした中、県立広島病院の存続を求める市民団体「県病院問題を考える会」が3日、県庁で記者会見し黒川冨秋事務局次長は、「県立広島病院は長く県民に親しまれてきた病院だ。新しい病院が出来ても地元の人はタクシーなどで通院しなければならず、病気の人には負担が大きい」として病院を残して今までどおりの医療体制を維持するべきだと訴えました。
その上で、「古い病院を壊すだけではいいものにはならない。お金の使いかたを充実させてほしい」と述べ、大学病院との連携を通じて若手医師の育成を図るべきだなどと指摘しました。
県病院問題を考える会の連絡先は以下です。
〒734-0005 広島市南区翠町1丁目10番27号 
電話082-250-3155 
FAX082-250-3157 
広島瀬戸内新聞ニュース号外10月3日『広島の追憶』/『県病院問題を考える会』が記者会見_e0094315_00160511.jpg

広島県議会 9 月定例会は 212 億円の補正予算案を可決しました。この補正予算案には、湯崎英彦・広島県 知事が主導して、広島県立広島病院、JR 広島病院、中電病院、広島がん高精度放射線治療センターなどの機 能を集約した 1000 床規模の巨大な新拠点病院建設へ向けた予算も含まれています。もちろん、今回の補正 予算案で可決されたのは病院建設へ向けた費用のほんの一部です。湯崎知事がすでに発表している基本計 画によれば 1300-1400 億円の総事業費がかかるということです。
◆試算根拠不明、議決に値しないボロボロの議案に賛成した国政与党と立憲
今回の補正予算案に賛成したのは自民党の多数派、公明党、立憲民主党などの県議です。逆に、自民党少数 派(自民党広志会)など保守の一部と日本共産党は反対に回りました。広志会の女性県議は反対討論で総事 業費の試算根拠が全く示されていないと指摘。これでは賛否の判断のしようがないと切り捨てました。日本 共産党も、県病院周辺住民の合意が得られていないことなどから、反対に回りました。
他方で、立憲民主党所属のある県議は「まだまだ見通しが立っていないことや課題も多いことから今後も 様々な角度で引き続き議論が必要」と認めながらも、賛成に回ってしまいました。そんなに課題があるなら、 知事に顔を洗って出直してもらうべきだったのではないでしょうか?こんな議案に賛成してしまったこと について、立憲広島は恥を知るべきです。
◆湯崎知事さえも早くも『逃げ』の態勢
湯崎知事は予算が可決された翌3日の定例会見で「病院の統合も含めた長期的な計画なので、事業や財務 の計画には当然さまざまなリスクがある。物価のほか医療制度や技術も変化していくので、常に計画をアッ プデートして、発表していきたい」とおっしゃいました。知事自身も早くも、逃げの態勢に入ったと言わざ るを得ません。さまざまなリスク・・すなわち、この病院計画案がボロボロであると知事自身が認めたよう なものです。そんな計画に基づいて、補正予算案を出した知事のいい加減な仕事ぶりにあきれ果てました。
◆病院の存続を求める市民団体
こうした中、県立広島病院の存続を求める市民団体「県病院問題を考える会」が3日、県庁で記者会見しま した。黒川冨秋事務局次長は、「県病院は長く県民に親しまれてきた病院だ。新しい病院が出来ても地元の 人はタクシーなどで通院しなければならず、病気の人には負担が大きい」「県病院を残して今までどおりの 医療体制を維持するべきだ」と訴えました。
その上で、「古い病院を壊すだけではいいものにはならない。お金の使いかたを充実させてほしい」と述べ、 湯崎知事が新病院でやるとしている若手医師の育成については広島大学病院との連携を通じて図るべきと 指摘しました。同会の連絡先は以下です。
〒734-0005 広島市南区翠町1丁目10番27号
電話082-250-3155 FAX082-250-3157
第4回子ども食堂 きっず☆庵
10月8日(日) 鉄板居酒屋じゅげむ 広島市安佐南区祇園2-2-2
JR可部線 古市橋駅より徒歩5分
わくわくバイキング ※たこ焼きづくりもできるよ
料金 小学生 100円
中・高校生 200円
大人 300円
カラオケ・生活お困り相談 
担当 池脇 090-5264-6511

by hiroseto2004 | 2023-10-04 00:14 | 反核・平和 | Trackback