人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

広島瀬戸内新聞ニュース号外12月1日 どうする空港・県内交通/教員の実質時間外、過労死ライン超え続ける/大学でストなど相次ぐ

https://youtu.be/MltGmgpQxoA

【30日詳細】ガザ地区の戦闘休止 一日再延長で合意https://www3.nhk.or.jp/news/html/20231130/k10014272861000.html
「宮島口・アルパーク・
ジアウトレット広島空港線」のハイエース運行実証実験本日から一年間
教員の実質的な時間外労働 月80時間超 “長時間労働が常態化”
この中で、1学期の平均的な1週間の勤務状況を尋ねたところ、持ち帰り残業を含めた実質的な時間外労働の平均は月当たりの換算で、
▽中学校で116時間28分と最も多く、
▽小学校で91時間8分、
▽高校で80時間16分と、
いわゆる「過労死ライン」とされる月80時間を超える状態が続いていることが分かりました。
一日当たりの平均休憩時間は12分余りで、小中学校では「0分」という回答が4割に上りました。
また、自宅への持ち帰り仕事の一日当たりの平均は、平日は44分、休日は1時間13分でした。
授業15分ストライキへ 東海大学 教職員らの組合 賃上げ求め
医師の働き方改革 日本救急医学会が支援求める要望書提出
第34回12月1日(金) オンラインおしゃべり会さとうしゅういちと広島の政治にガツンと物申す
当日、ご参加が難しい方も、コメント欄やメッセージ、メール hiroseto2004@yahoo.co.jpなどへ、ご意見をぜひ、よろしくお願いいたします。22時終了が目安です。よろしくお願い申し上げます。
会見中は基本はマイクをミュートにしていただき、ご発言の際に解除してください。もちろん、音声のみ、チャットのみのご参加もいただけます。以下からどなたでもご参加いただけます。入退室ご自由です。
主なテーマ
・パレスチナ戦争
・広島の交通について
・核兵器禁止条約締約国会議について
Zoomミーティングに参加するhttps://us04web.zoom.us/j/4117183285・・・
ミーティングID: 411 718 3285
パスコード: 5N6b38
県教委「官製談合」をただす住民訴訟
第2回口頭弁論は12月5日(火)13:30~
弁護団は県教委の「答弁書」に反論、詳述する書面を提出予定
「これで幕引きは許されません!」、「市民の会」が掲げてきた横断幕が現実味のあることばになっています。県議会では、毎月の文教委員会で、昨年度の決算を審議する委員会で繰り返しこの問題が取り上げられています。
中国新聞では、外部専門家による調査の報告書が大きく取り上げられ、改めて「教育長案件」などの言葉に注目が集まっています。
 こうしたなかでの第2回口頭弁論です。弁
護団は、県教委・当局の主張に反論し、この裁判の争点・論点を明確にする準備書面の作成に全力をあげていただいています。「市民の会」では、第2回口頭弁論を「この問題の幕引きは許さない」「平川教育長による独断・横暴の教育行政の是正を」の声を集め、裁判所にも県民注視の裁判だと認識してもらう機会ととらえ、多くのみなさんの傍聴参加、ご支援をお願いしています。12月5日、広島地方裁判所にぜひおいでください。
署名提出は、12/7を予定 ―現在1200筆超、もうひとまわり…
ご協力をお願いしている「平川教育長の辞任と『官製談合疑惑』の全容解明、民間業者丸投げ教育行政の是正を求める要請署名」を12月県議会の開会も視野に、12月7日(木)に提出する方向で調整をすすめています。12月5日の口頭弁論に持参いただくか、それまでに事務局・「市民の会」のメンバーに託してください。県民のみなさんのこの問題に関する厳しい声も考え、「教育長の辞任」を求める署名にしていますから、一定の署名数は必要だと考えています。もうひとまわりの取り組みをお願いします。
県教委「官製談合疑惑」をただす市民の会
子ども食堂きっず庵 12月3日(日) 12時~14時
場所 鉄板焼き居酒屋じゅげむ
広島市安佐南区祇園2-2-2 古市橋駅から南へ徒歩5分
内容 わくわくバイキング
小学生100円
中高生200円
大人300円
カラオケ、お困りごと相談もあり
カラオケ・お困りごと相談
自由においでください!

by hiroseto2004 | 2023-12-01 07:52 | パレスチナ大虐殺 | Trackback