人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

第五福竜丸について学ぶ講演会 

平和教育の教材から第五福竜丸が削除されてしまった中で、開催されました。
第五福竜丸を知らずに核兵器禁止運動を語ることは、徳川家康を知らずに
江戸時代の歴史を語るようなものです。

アメリカの水爆実験で被ばく 「第五福竜丸」学ぶ講演会|NHK 広島県のニュース


アメリカの水爆実験で被ばくした日本の漁船、「第五福竜丸」について学ぶ講演会が広島市で開かれました。

静岡県のマグロ漁船、「第五福竜丸」は1954年3月1日、太平洋のマーシャル諸島のビキニ環礁周辺で操業していたところアメリカの水爆実験に巻き込まれ、乗組員23人が被ばくしました。
10日の講演会では東京にある「第五福竜丸展示館」の学芸員、市田真理さんが、オンラインも合わせおよそ80人に講演しました。
市田さんは「第五福竜丸」が被ばくしたあと乗組員たちが差別を恐れて被害を言い出せずにいたことに加え、原水爆の禁止を求めた署名が広島だけで100万人分集まったことなどを紹介していました。
広島市教育委員会が作成する平和教育の教材では、今年度から「第五福竜丸」の記述が掲載されなくなったということで、講演会を開いた団体は引き続き被ばくの実態などを知ってほしいとしています。
参加した広島の被爆体験伝承者の女性は「乗組員の思いなどを詳しく聞いてもっと知りたいと思いました。なにを伝えていくべきか考えていきたいと思います」と話していました。
市田さんは「昔話にせずに今とこれからを生きる人たちが自分の問題として考えられるように伝えるスキルをつけていきたい」と話していました。

by hiroseto2004 | 2023-12-10 20:32 | Trackback