人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

広島瀬戸内新聞ニュース回顧2023⑤2024年こそ止めよう!湯崎英彦「暴走」知事

https://youtu.be/tUsAT3B8J1U

12月 
官民ファンドの出資金全額回収不透明に
雇用に効果があったというが。
きちんと、検証し、出すべきでは?
本当に、わざわざ県が金を出さないといけなかったのか?も含めて。
3月 農業ジーンバンク 相談もなく廃止。
◇三原本郷産廃処分場問題
6月 三原本郷産廃処分場から汚染水
広島瀬戸内新聞ニュース回顧2023⑤2024年こそ止めよう!湯崎英彦「暴走」知事_e0094315_13142565.jpg




7月 広島地裁が三原本郷産廃処分場許可取り消し命じる判決 湯崎知事は控訴。
広島瀬戸内新聞ニュース回顧2023⑤2024年こそ止めよう!湯崎英彦「暴走」知事_e0094315_13151838.jpg
広島瀬戸内新聞ニュース回顧2023⑤2024年こそ止めよう!湯崎英彦「暴走」知事_e0094315_13153294.jpg


一時は、県も事業者に警告を出すも、安全を確認したとして再開を認めてしまう。
その後も汚染水垂れ流し状態。

◇上安産廃処分場問題
 不適切盛り土の上に産廃
 盛り土は県、産廃は政令市である広島市が許可。 
 今年に入り県も重い腰を上げたものの、保安林がどこだったかわからない、など頼りない姿勢。
汚染水続く広島・三原本郷産廃問題 ── 湯崎県知事の「放置プレイ」を許さず水源保全条例を! さとうしゅういち

◇広島叡啓大学 定員割れ
知事の肝いりの事業。3年目で定員割れ。
留学生も目標に達せず。
◇広島県病院統廃合・巨大病院問題
消費税財源の補助金当て込んだ湯崎英彦・県知事の「独裁」続く ── 広島県病院移転・統合問題 さとうしゅういち
 なぜ、繁華街に巨大病院?!
 なぜ、新しいJR病院を壊してまで?!
 島しょ部の住民に便利な宇品の県病院を廃止。
 独法化→なぜ、危機時に命令がしやすい県立のままにしない?!
 なぜ、渋滞が激しい広島駅北口に?!巨大駅ビルが完成して周辺が栄えればもっと渋滞は酷くなる。ビルでヘリも到着しにくくなる。
 津波が心配というが、広島駅北口も昔、古川があって、浸水しやすい。土砂災害の危険は広島駅北口の方が大きい。
 そもそも、高度医療は国の仕事では?
 若い医師を引き寄せるというが、医師偏在をなんとかするのは国の仕事では?
 疑問点だらけなのに、一方的に説明するセミナーを開催して、強行しようとする知事。
 何から何までおかしいのに・・。
◇平川教育長問題
官製談合
ご親友の赤木かん子さんへの異常な優遇。
しかし、懲戒処分すらない。
制度上ないというなら、辞任か免職しかない。
だが知事も免職をしない。
県議会も辞職勧告決議をすればいいのにしない。
◇公文書偽造
 知事公印不正使用
 極めて深刻
◇県議会
病院再編や高速五号線二葉山トンネルなど知事の案に疑問を持ちながら、結局通してしまうから舐められる。
自民多数派、公明、そして立憲まで知事与党。
これで本当にいいのか?!
◇広島空港(三原空港)に偏る交通政策
トラブルが相次ぎ、2028年完成、29年供用開始に先送り、高速五号線二葉山トンネルもそう。
三原空港開港30年。
県西部からのハイエースの実証実験。
実験してから、というのは悪くないが。
◇新サッカー場
 知事の暴走で一時混迷。宇品に建設案?!
後味悪さも残す。
街づくり全体のビジョンとあわせて、市民的、県民的議論を興し、市民、県民投票で決めるという手もあったのではないか?
現実には知事らエライ人でこねくり回した挙句の迷走、時間の浪費だった。
広島瀬戸内新聞とさとうしゅういちは「あなたの手に広島を取り戻し広島とあなたを守るヒロシマ庶民革命」を呼び掛けています。「我こそは庶民派の政治家に!」(首長、地方議員、国会議員)、また庶民派の政治家とともに広島を取り戻したいというあなたからのご連絡をお待ちしております。
090-3171-4437  メール hiroseto2004@yahoo.co.jp
また、ご寄付もお待ちしております(日本国籍の方に限る)。
郵便振替口座 01330-0-49219 さとうしゅういちネット/ 広島銀行 本店営業部 普通 3783741 さとうしゅういちネット

by hiroseto2004 | 2023-12-31 13:12 | 広島県政(広島県議会) | Trackback