人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004

広島瀬戸内新聞ニュース号外1月23日命を賭けて生徒を守る教師にサポート体制を!!/能登半島地震で露呈した「原子力災害対策指針」の欠陥

https://youtu.be/AN3xxG-2e7Q?si=WMk9Z4aJa0lsMPL5

広島県の大雪に関する情報【気象庁】

命を賭けて生徒を守る教師にサポート体制を!!【埼玉県南部戸田市 美笹中ナイフ事件】
令和5年3月1日、戸田市立美笹中学校にナイフを持った少年が侵入し、生徒を守った先生が刺傷されるという痛ましい事件が起きました。
 市教育委員会は、現行制度の限りで事後処理を行いましたが、十分な対策が取られたとは言えない現状です。
 とりわけ、被害者教諭が困惑したのは、公務災害の申請や加害者との話し合いに際して行政から十分な情報提供が行われず、被害者みずから情報収集をしなければならないということでした。
 今後、このような事件が起こらないよう防犯体制を整えるということは言うまでもありません。しかし万が一それが起きてしまったとき、行政からの十分なケアも受けられないまま、独力で事後処理を行うことは、事件後心身共に傷ついた教職員にとって大きな負担となるものです。学校の安全、教職員が安心して勤務できる環境の保障は、豊かでよりよい教育を形成することにつながります。
 2023年、埼玉県南部地域では凶悪犯罪が多発しています。子どもたちや教職員が安心して学び合うため、保護者が安心して子どもたちを学校に送り出すためには、今こそ学校の安全を確保することが絶対に必要です。 戸田市および教育委員会は、子どもの学びを守るため、地域の信頼を守るため、そして子どもたちと教職員の生命と安全を守るために、次のことを実現してください。
●請願事項●
学校警備員を現在の単数配置から複数配置とし切れ目のない警備体制を備えること。
学校を狙った犯罪により心身に傷を負った教職員のための相談窓口を設置し、犯罪被害対応から公務災害補償までワンストップの適切なケア体制を整えること。
スクールロイヤー制度を、犯罪被害に対しても十分に活用できるよう整備すること。
請願者
戸田市教職員組合  
戸田の教育を考える会
〈事件からちょうど一年の3月1日に最終提出の予定です〉
【賛同募集】能登半島地震で露呈した「原子力災害対策指針」の欠陥-原発をこれ以上動かすべきではない
以下、FOE様からの呼びかけです。
広島瀬戸内新聞も賛同しました。
能登半島地震では深刻な被害が続いています。
北陸電力志賀原発も強い揺れと3メートルの津波に襲われ、外部電源の一部から受電ができなくなるなどの影響を受けました。
活断層による地震動評価についても過小評価が指摘されており、全国の原発について、徹底した再検証が必要です。
志賀原発は長期停止中であったこともあり、深刻な放射能漏れを伴う事故に進展しなかったのは幸運でした。
一方で、現在の原子力災害対策指針とそれに基づく自治体の原子力防災計画(避難計画)は非現実的であり、住民を守るために役に立たないことが改めて露呈しました。
たとえば、現在の原子力災害対策指針とそれに基づく避難計画では、5km圏内の住民は原子炉の状況に応じてだされる避難指示に従って避難、5-30km圏内の住民は一定の放射線量に達するまで屋内退避、避難指示に基づき避難ということになっていますが、それは可能なのでしょうか。
実際には、地震により多くの家屋が倒壊し、広い範囲で道路が寸断されました。地盤隆起が生じ、港が使えなくなりました。孤立した集落もあります。また、モニタリングポストが一部測定不能になりました。
原子力防災計画は、住民を被ばくから守る最後の壁ともいうべきものであり、原子力災害対策指針はその土台となるものです。これらが現実に機能しないのが明らかである以上、原発を動かすべきではありません。
FoE Japanと原子力規制を監視する市民の会では、内閣府および原子力規制委員会にこうした趣旨の要請書を提出しようとしています。
広く賛同を呼びかけています。個人の賛同でも団体賛同でも結構です。ぜひ賛同に加わっていただけますと幸いです。
▼要請書本文および賛同はこちらから
【関連企画】
緊急オンライン企画「能登半島地震から考える原発と避難」
第1回 被災地で見た地震被害の実態は?
能登半島を取材された福島在住のジャーナリストの藍原寛子さんにお話しを伺います。
日時:2024年1月23日(火)18:00-19:30 
ゲスト:藍原寛子さん/ジャーナリスト
主催:FoE Japan
第2回 能登半島地震で問われたことは?
珠洲原発の建設反対運動にかかわり、志賀原発についても問題提起を続けてこられた、珠洲市にお住まいの北野進さんにお話しを伺います。また、金沢市に在住で、「北陸電力と共に脱原発をすすめる株主の会」の中垣たか子さんにコメントをいただきます。
日時:2024年1月30日(火)14:00-15:30
ゲスト:北野進さん/珠洲市在住、志賀原発を廃炉に!訴訟原告団長
コメント:中垣たか子さん/金沢市在住、北陸電力と共に脱原発をすすめる株主の会
主催:国際環境NGO FoE Japan、原子力規制を監視する市民の会
▼お申込みはこちらから
--
国際環境NGO FoE Japan
〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-21-9
TEL: 03-6909-5983  / FAX: 03-6909-5986

by hiroseto2004 | 2024-01-23 06:53 | 社主・さとうしゅういちの部屋 | Trackback