人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004

反省無き平川教育長の名前で高校教師・懲戒免職、小学校教諭・戒告。

反省無き平川教育長の名前で高校教師・懲戒免職、小学校教諭・戒告。

来月末の任期満了で退任する広島県教育委員会の平川理恵教育長が9日会見し、6年間の任期について「不登校対策や入試改革に取り組み、新しい1歩を踏み出せた」と振り返りました。

来月末で退任する平川教育長は9日の定例記者会見で「不登校対策や入試改革、探究的な学習の導入にむけたカリキュラムの見直しなど、スタッフに支えられながら私なりに精いっぱい取り組み、新しい一歩を踏み出せたと思う。後任にも引き続き学びの変革を進めていただきたい」と述べ、2期6年の任期を振り返りました。
一方、県教育委員会の事業における2つの契約が、外部の調査で官製談合防止法などに違反していると認定された一連の問題については「ご迷惑と心配をおかけし、申し訳なく思う。大変重く受け止めると共に、責任はすべて私にあると考えている」と述べました。
平川教育長は、広島県では初めてとなる民間出身で女性の教育長として2018年4月に就任して2期6年を務め、▼不登校対策や▼公立高校の入試改革、▼広島叡智学園の設立などに取り組みました。
県は今月13日に開会する定例県議会に新しい教育長の人事案を提出する見通しです。

高校の男性教諭 女子生徒にわいせつ行為で懲戒免職|NHK 広島県のニュース

広島県教育委員会は、女子生徒にわいせつな行為をしたとして、県立高校の24歳の男性教諭を懲戒免職の処分にしました。

懲戒免職の処分を受けたのは、県東部の県立高校に勤務する24歳の男性教諭です。
県教育委員会によりますと、男性教諭は去年6月、校内で女子生徒に対し、18歳未満と知りながらわいせつな行為をしたということです。
男性教諭は先月、裁判所から県青少年健全育成条例違反の罪で罰金30万円の略式命令を受けたということで、県教育委員会は、この教諭を9日付けで懲戒免職の処分にしました。
また、県西部の公立小学校の53歳の男性教諭が、去年10月、同僚の女性教諭の手に触れたり、後ろから抱きしめたりしたことがセクハラ行為に当たるとして、県教育委員会はこの教諭を9日付けで戒告の処分にしました。
県教育委員会は「被害に遭われた方や生徒、保護者、県民の皆さまに深くおわび申し上げます」とコメントしています。

by hiroseto2004 | 2024-02-09 22:44 | 広島県政(広島県議会) | Trackback