人気ブログランキング | 話題のタグを見る

庶民派知事で何があっても心配いらない広島を ヒロシマ庶民革命


by hiroseto2004
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

東広島・安芸津でも産廃処分場計画!県議会で問われるべき湯崎県政 広島瀬戸内新聞ニュース号外2月12日

なんと、東広島市安芸津町でも産廃処分場計画が新たに持ち上がっています。
日本一甘い広島の産廃行政。それに目を付けた業者が広島に全国三位、安定型では二位の数の処分場をつくり、全国からゴミを広島に集めています。
日本一甘い広島の産廃行政を放置すればどうなるか?
広島へのUターンの勢いを鈍らせる。すなわち一八歳や22歳で広島から出た後、広島でまた子どもをゆったりしたところで育てながら、という人も産廃処分場の汚染水にドン引きしてしまうでしょう。結果として転出超過がさらに加速します。
また湯崎知事がいくら、広島の食材や料理をアピールしても、汚染水が川や海へ流れて行けば、その効果は台無しです。
人工衛星で不法投棄を監視する、というのは結構だが、県が許可を出した産廃処分場がザルであるということに向き合わないといけない。明日13日から始まる県議会で、県議らの奮闘を強く求める。
以下は、三原本郷産廃処分場許可取り消し裁判の原告団共同代表、岡田和樹様のSNSです。
産廃から広島県と水源を守る 報告会
〜規制強化と条例制定を〜
東広島市安芸津町木谷でも民間の産廃処分場計画が浮上している。地元住民はこれ以上、この地域に産廃ゴミを押し付けないでほしいと、自治協議会が立ち上がり地権者とともに取り組まれてきた。
 しかし、産廃業者側も計画をすすめ、一部の土地を手放したい地権者と会を立ち上げて、会食などを行っているそう。
 そのような中、今回、自治協議会から依頼をうけて報告を行いました。広島県内の汚染が深刻な、本郷処分場(三原市)や上安処分場(広島市)、福山の産廃処分場の現状を報告し、産廃業者の資質や、行政の対応の杜撰さについて問題点を伝えました。
 また昨年、広島地裁判決において広島県の産廃許可の不備や、違法性が問われていることについても共有し、これら広島県の許可審査の過誤や欠落、行政のチェック機能の甘さが産廃立地件数全国3位に押上げ、全国から産廃が集まり、汚染が相次ぐ要因になっている事を伝えました。
 最後に私たち住民がともに、広島県の産廃行政の転換と、規制強化を求め、水源保全条例や産廃条例の制定を実現していこうと訴えました。
 終了後、計画地へも案内していただき、地権者とも話をしました。
「この土地は先祖が切り拓いて、私たちが大事に守ってきた土地。私たちにはジャガイモ作りがある。子どもに残しておいてやりたい。」「故郷を汚すことや産廃はもういらん。産廃業者に印鑑はつかん。」
 計画地中央に位置する農家夫婦は口を揃えて想いを言われました。
★広島瀬戸内新聞と筆者は「あなたの手に広島を取り戻し広島とあなたを守るヒロシマ庶民革命」を呼び掛けています。「我こそは庶民派の政治家に!」(首長、地方議員、国会議員)、また庶民派の政治家とともに広島を取り戻したいというあなたからのご連絡をお待ちしております。
☎090-3171-4437  
メール hiroseto2004@yahoo.co.jp
また、ご寄付もお待ちしております(日本国籍の方に限る)。
郵便振替口座01330-0-49219 さとうしゅういちネット/広島銀行本店営業部 普通3783741 さとうしゅういちネット
★オンラインおしゃべり会さとうしゅういちと広島の政治にガツンと物申す へのご参加もお待ちしています。
 ※次回は16日(金)、第45回を開催します。
2月16日(金)21時15分~
毎週金曜 21時15分~  
zoom meeting IDとパスコードは以下です。
ミーティングID: 411 718 3285 パスコード: 5N6b38
★広島瀬戸内新聞(社主)公式YouTubeへのご登録お待ちしております。

by hiroseto2004 | 2024-02-12 19:34 | 広島県政(広島県議会) | Trackback